なぜ日本のランディングページはこんなに派手なのか?

うぃーっす!ライターの春です!

今日はLPO部長である春みずから、なぜ日本のランディングページはこんなにデザインが派手なのか!?についてお話ししたいと思います。

 

日本には奥ゆかしさを美徳とする慣習が根強い一方で、ランディングページは派手であるべきという概念が浸透しています。

 

LPが派手になり始めた時期を特定すれば、その理由が明らかになります。

今日では多種多様な宣伝媒体が登場しており、

ランディングページはその一端を担っているに過ぎません。

 

数ある宣伝手法から頭一つ分飛び出すためには、

他を圧倒するだけの印象を見た人に植え付けることが急務となります。

 

ちょうどマスメディアの運営には欠かすことができない広告産業がインターネット広告の規模に抜かされようとしていた時期には、両手の指でも数え切れないほどの手法が登場していたことになります。

 

そのうちの一つとしてLPの登場しており、日本では効果的な宣伝を行った企業や個人のみが成功を収められると言っても過言ではない状況となりました。

 

そんな中、ランディングページを作成する人びとは一つの結論に達し始めます。それは、日本において派手なLPを見てもらうことが成功に直結するということです。

 

体面的に商品の良さを伝えられないというハンデを抱えている宣伝手法においては、一目で印象に残るデザインのものを作成しなければ顧客になってくれる人は少ないです。

 

そのため、根本的には奥ゆかしさを大切にしている国民性を持つ人びとが一念発起して新たな扉を開くに至ったというわけです。

そして、現在のような決して地味と言い切ることができない作品が次々と出来上がっています。

 

私自信がZEROのLPO部長として、今まで300社以上のLPを制作してきましたが、

やはり、派手なほうが売れる傾向があります。

 

その理由は簡単。

派手ということは良く言えば、イメージが伝わるということになります。

 

そのため、文章が少なくても、イメージで訴求ができるランディングページが読まれやすく、結果として、買われやすくなるのは当然だと思います。

そういった意味では日本のランディングページ業界は世界でも一歩最先端かもしれませんねw

 

ランディングページ制作でお困りであればハル自らコンサルするので、

こちらにお気軽にお問い合わせください。

→ランディングページのお問い合わせはこちら

 

本記事の続きはこちらをご覧くださいませ。

海外のランディングページってすごくシンプルなのはなぜ?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です