ランディングページってSEOに不利って本当?

広く知ってもらいたい情報をひとまとめにできるランディングページについて、ときおりSEOには不利であると断言する人が登場します。彼らは、LPを作成した経験を有してなおかつSEOに不利であることを痛感した張本人である場合がほとんどです。しかしながら、詳しく話を聞いていると彼らの取り組み方に問題がある可能性が否定できなくなります。

ホームページの内容を組み立てていく過程では、テキストの文字化けという現象に悩まされることが少なくないです。LPにアクセスするために用いた環境次第では内容を正確に理解することがままならなくなってしまうので、コンバージョン率の低下に直結する問題と言えます。これを回避するために広く知られている方法は、テキストの内容を画像化してランディングページに貼り付けることです。画像データであればどのような端末であっても内容を正確に確認することが可能になるので、多数派の製作者が積極的に取り入れている方法というわけです。ところが、画像データで問題回避を行うとSEOに不利になります。今日の技術水準では画像データで確認できる文字の内容を解析することができないので、該当部分が検索結果に反映されることがないからです。安直に問題回避をしたばかりにアクセス数を激減させるきっかけを作ってしまうことになり、この事象が発生して頭を抱えることになった人はLPを有効活用することに苦言を呈することが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です