カジノで儲かるのは胴元

カジノで儲けるという事を考える人は大勢いますが、一番儲かるのは胴元であるという事を知っておきましょう。当たり前すぎて見逃しがちですが、カジノで勝つという事を考えるよりは胴元になるのが一番儲かるという事を考えるとカジノではどうすべきなのかという事が分かってきます。つまり、儲けるのではなく楽しむことだけを主眼にするということが出来るようになります。カジノをテーマパークのように考える楽しむことが出来る事も理解出来るでしょう。

カジノは儲かる事もあれば損をすることもあります。そして儲かる確率は損をする確率に比較すると圧倒的に少ないと言っていいでしょう。それは胴元が利益を上げているからです。胴元が利益を上げなければ儲かるかどうかは確率的には半々という事が言えるかもしれませんが、胴元が利益を確保した上でプレーヤーに残りを還元しているので、たまに勝つことがあっても損をすることが圧倒的に多いという事になります。

カジノの損は当たり前で、これは参加費のようなものだと考えるようにしましょう。すると負けても熱くなりません。楽しい時間を過ごすことが出来たということで、楽しく帰ることが出来ます。儲かった時には運が良かったということで楽しんで、負けたときには当然の遊興費を払って楽しんだというように考えれば、どんな状況になっても楽しくプレーをすることが出来るようになります。間違っても必ず勝つというような考えでプレーをするような事はしないようにします。何しろ、確率的に圧倒的に負けることが分かっているわけですから、この確率を理解した上でプレーをするようにすることです。確率が分かっていると、少ない確率で勝った時の嬉しさも大きなものとなります。
ベラジョンのアプリでも同じように理解したうえで楽しむことが大切です。