カジノとパチンコの違いとは

日本では基本的にギャンブルは法律で禁止されており、それゆえに競馬や競輪、競艇などの一部のギャンブルを除き、勝手にギャンブル施設の運営や利用をしてしまうと、検挙されます。それはカジノも同様で、たまにニュースで闇カジノなどが摘発されるといったケースもありますが、これは法律を無視して運営利用しているためです。

もっともそんなカジノですが、最近では日本でも合法化に向けて検討されており、話題になることもしばしばです。そしてそんなカジノでよく利用されるゲームとしてスロットがありますが、日本でも現在そんなスロットに似たゲームを巷でよく見かけることもあります。それがパチンコのパチスロで、パチンコは日本各地で店舗を見かける存在であり、合法のギャンブルかと思われがちですが、実際には合法ギャンブルではありません。そもそもパチンコの場合、出た玉をそのまま金銭に変換するのではなく、あくまで商品である物品に変換するためにギャンブルではないといった言い分で、そのままとくに摘発されることもなく、日本の世の中に浸透する存在となっていました。けれどもスロットについても一切の制御がなくて完全に運任せのカジノのものとは異なり、パチスロの場合は制御システムが存在しており、機種によって当たりが出やすいといったケースなどもあります。

このことからも基本的にパチンコは合法ではないけれど違法でもないといったグレーゾーンであるのが現状ですが、今後のカジノ誘致のため、こうして日本中に存在しているパチンコ店が摘発されたり、一掃される可能性も高まっています。さらに若者などの利用者の減少も拍車をかけ、現在ではパチンコは廃れる傾向が高く、店舗が潰れたり撤退する企業なども増加しています。

その点ベラジョンは合法で楽しむことができます。