カジノを副業とした場合に年収はいくら稼げるか

働き方やお金の稼ぎ方が多様化する現代では、副業に対して関心を持っている人も少なくありません。そうした人たちの中には、カジノを副業に考える方もいます。ギャンブルでお金を稼ぐのにはかなりコツがいりますが、実際にはそこまで難しいことでもありません。カジノの場合手法さえ確立してしまえばとんとん拍子に勝ち続けられることも珍しくはないからです。もちろん勝って勝ち続けられた時には、年収が増えることとなりますから、増えた分の年収は申告しなくてはなりません。ギャンブルで得たお金というのは雑所得ではなく一時所得に分類されます。利益が50万円に満たない場合には、一時所得の特別控除によって相殺されるので、所得税はかかりませんが、50万をオーバーした場合には必ず税務署に申告する必要があります。

オンラインならばオンラインで儲けたことを、海外のカジノで勝った場合にはその旨を申告書に明記し、計算を自分で行って支払うこととなります。副業とした場合に、プラス50万円以上を稼ぐことができるのは全体の数%にも満たない確率ですが、本腰を入れて稼いでしまうとあっという間に超えてしまうのも事実です。年収を50万円以上稼いだ場合には、一時所得としての申告義務が発生し、万が一申告せずに放置した場合には、税務署から通知が来て追徴課税となることがあるので、正確に申告をしておくことが大事です。特にベラジョンは稼げるとして定評がありますが、いくら稼いだか確認した上で、税金対策もするようにしましょう。

もちろんカジノには経費がかかり、渡航費用などを経費として計上した場合にはマイナスとなる場合がほとんどですので、副業としての年収を満足に稼ぐのは正社員で働いているサラリーマンなら難しいこともあります。あくまで趣味として捉えておくことがベストです。