カジノのスーパー6バカラの特徴について

カジノの人気ゲームの1つにバカラがあります。これはバンカーとプレイヤーがそれぞれ合計点の下1桁で争い、お客さんはどちらが勝つかを予想する内容になっています。お客さんは勝敗に影響を与えることが出来ないので基本的には完全に運任せのゲームです。故に初心者から楽しみやすく、幅広い方々に馴染み深くなっています。バカラではそのルール上バンカーの方が若干勝ちやすくなっているので、通常のルールではバンカーに賭けた時の方が配当が安くなる仕組みが採用されます。賭け金に大きな差がある場合は調整が行われることもあります。ただし、それは一般的なバカラの話であって、そのような要素を含まないバカラも存在します。その1つがスーパー6バカラです。

スーパー6バカラは賭け金に大きな差があったとしても調整が行われます。そのため、より自由に賭けることが出来ます。その代わりバンカーが6で勝った場合にも儲けが半分になる仕組みになっています。バンカーが6以外で勝った場合やプレイヤーが勝った場合に的中させると賭けた額の100%の配当が入ります。何故6で勝った時に儲けが半分になるのかというとそれにはコミッションが関係しています。カジノにおいては全てのゲームにおいてカジノ側の利益が発生するようになっており、これが経営に欠かせません。コミッションが無いとカジノ側が安定的に利益を出すことが出来ず、運次第で閉店となってしまいます。そこでバカラにおいてもコミッションが用意されており、スーパー6バカラではバンカーが6で勝った時にお客さんの儲けが半分になるように作られています。

スーパー6バカラでは勝つ方に賭けつつ、スーパー6が起こることに賭けることも出来ます。
その他ベラジョンはオススメゲームも多く楽しめるのでおすすめです。