カジノ初心者が楽しめるルーレット

初めてカジノに足を運ぶ人にとって、一番敷居が低いのはスロットとルーレットです。より自分で考えてアクションを起こせるものはルーレットであるため、カジノ初心者の人はこぞって楽しんでいます。ルーレットの歴史は古く、17世紀のフランスで登場したと言われており、数百年以上の伝統があるゲームです。ルーレットには0と00、36までの数字が描かれ合計38の数字が登場するアメリカンタイプと0と36までの数字が描かれており37の数字が合計登場するヨーロピアンの2つがありますが、基本的にはアメリカンタイプが多いです。

カジノ初心者におすすめなのはアウトサイドベットと呼ばれる賭け方です。主なものでは、赤か黒か、奇数か偶数かなど2択を当てるものです。的中すれば賭け金が倍になります。また1から12、13から24と3等分にしてベットさせるものもあり、選択肢が3つあるものに関しては賭け金が3倍になります。これらは戦略的なものが必要なく、単純に賭けられるため、まさに運試しをすることが可能です。もちろん、インサイドベットと呼ばれる数字に直接賭けていくこともできますが、ベットタイムの間に瞬時に賭けていかなくてはならないため、あたふたすることもあることからあまりおすすめしません。

インサイドベットをする際にカジノ初心者が実践したいのは好きな番号を少額だけ賭けておくというものです。1つか2つでもよく、それを続けていれば場合によっては大きく稼げます。的中すれば36倍になるため、1つの数字だけを賭け続ける場合には36回やって1度でも当てれば損はしません。その間にアウトサイドベットで大きく勝負をしていき、運よく36倍を当てられれば気分は高揚し、少ない金額ながらも楽しめます。
日本にいながらオンラインでプレイできる【2018年最新情報】今更聞けないカジノ法案を徹底調査!もおすすめです。