カジノでできるテキサスホールデムについて

テキサスホールデムは、カジノが店側と戦うものであるのに対し、プレイヤー同士の戦いになります。カジノで行われるテキサスホールデムは、カジノホールデムと言われており、個人同士で行われるゲームであるため、感覚としては麻雀に近い遊び方です。プレイヤーが使用するカードは全部で7枚あります。手札に2枚・プレイヤーが共通で使用できるカードが5枚です。自分が所持している2枚のカードと、共通で使用できる5枚のカードから役を作りますので、比較的遊びやすくなっています。

ゲームの基本的な流れは、まず手札に2枚のカードが配られます。次にコミュニティーカードと呼ばれる共通で使用できるカードが3枚オープンされます。続いて、コミュニティーカードの4枚目がオープンされ、更に5枚目のコミュニティーカードがオープンされる、というのが一連のゲームの流れです。ベットするタイミングは4つあります。最後のベットが成立した後、手札を開示して勝敗を決します。テキサスホールデムの醍醐味は、ベットのタイミングでの心理戦や駆け引きです。どのタイミングでベットするかは、勝利するために非常に重要になります。
オンラインでカジノを楽しむなら、ベラジョンのテキサスホールデムがおすすめです。

カジノ法案によって、限定的にカジノが日本に上陸した場合、このカジノホールデムがプレイできる可能性があります。勿論、本物のお金を賭ける勝負は法律によって禁止されていますが、麻雀のように店に一定の料金を支払い、一般客同士で対戦ができるようなお店が日本各地で普及していくでしょう。海外ではすでにテキサスホールデムの大会が存在するまでの規模になっており、その賞金は億を超えることもあります。日本でも普及をすると、そのような大会が開かれる可能性があります。