ブラックジャックはカジノで人気があります

カジノにはいろいろなカードゲームがありますが、特にブラックジャックは人気があります。ブラックジャックの秘訣は伏せてあるカードや次のカードを全部10と予想します。10という数は10、11、12、13とすべて16枚あり、カードの30%です。3枚に1枚は10を引く計算になるので、伏せてあるものも10の可能性が他のカードより高いことになります。最も確率の高い10で予想しながら流れを組み立てることで勝負に勝つことが可能です。

カジノのディーラーは17以上までカードを引き続けるので、最後の手が16以下ということはまずありません。相手(カジノ側)は17以上や21を超えてしまうかのどちらかです。プレーヤー(自分)の手が16以下なら、みな同じになります。12が16より強いと言われていて、12より16の方がヒットした時バースト、つまり21を超えてしまう可能性が高くなるので12は16より強いと言えます。バーストしやすい理由に関して、ブラックジャックでは自分の手が仮に12の場合、次に引くカードが10以上ならバーストしてしまうでしょう。この確率は30%で、もし自分の手が16だった場合は次に引くカードが6以上ならバーストしてしまいます。この確率は60%になります。つまり16は12より次のカードを引いて21を超えてしまう確率が2倍もあることになります。つまり12は16より強いと言えるのです。

10以上のカードは1を除いて存在しないので、手が11以下の時はヒットしてもバーストすることはありません。仮に11から1を引いたとしても、この場合は1として数えられるのでバーストしません。手が11以下の時はヒットしても大丈夫です。世界中で愛されているテーブルゲームでよく映画のシーンなどにも使われています。ルールが簡単なので初心者向きで、誰でも気軽に楽しむことができるでしょう。
ブラックジャックを楽しむならベラジョンのブラックジャックがおすすめです。