ベラジョンカジノはイカサマをしている?

オンラインカジノの中でも大手と言っていいほど人気を誇るベラジョンカジノですが、オンラインという実態のないゲームのため、初めて登録する人にとってはイカサマをしているのではないかと疑問視する人も少なくありません。特に勝ち越している間は良いのですが、負けが込んでくるとどうしても疑ってしまうものです。

オンラインだから裏で何か悪いことをしているのではないか、イカサマをしていても見つかることがないのではないかと気にしてしまうこともあるのですが、オンラインカジノの実態を知ればそういった見方も変わるかもしれません。
まず、ベラジョンカジノに限らず、オンラインカジノは国の公認を受けなければ営業することができないような決まりとなっています。この国の公認によってライセンスが発行されるのですが、その際には公正なゲームを提供できるか、違法なお金の流れができるシステムがないかなど厳しい審査が行われます。といっても発行する国によって信頼度も変わるため、発展途上国が発行すると本当に大丈夫か心配になることもあるでしょう。ベラジョンカジノのライセンスはマルタ共和国が発行しており、EU加盟国の中では非常に信頼度の高い国となっています。

ライセンス発行だけなら一度で済むからそれ以降はイカサマし放題ではないかと思われるかもしれませんが、実は第三者機関の監査が定期的に行われているため、不正にゲームの操作をしている可能性は非常に低いことがわかります。また、カジノのゲーム自体は別の会社が制作しており、プログラム自体も審査が入るため、操作自体が不可能な状態です。ベラジョンカジノはあくまでカジノを運営する企業であり、ゲームそのものを操作する権限がないため、イカサマを疑うことはできないというのが結論となります。
ちなみにベラジョンでイカサマは通用しません。