グッドマン1235法で手堅くプレイ

グッドマン1235法はディフェンス型のカジノ必勝法とされており、勝利時や連勝時の利益を手元に少しずつ残しながら攻めていくことになります。その特徴としては賭ける金額が固定で決まっていて、勝つ度に1235法の名の通り1ドルから2ドル次に3ドルから5ドルと番に賭け金を賭けていき、負けたらリセットして1ドルからに戻ります。グッドマン1235法が使う事ができるのは勝率50%のゲームにおいてで、ルーレットの賭け方では50%の勝率を持つ2倍配当で行い、ディーラーとプレイヤーで1対1のブラックジャックや、2分の1の勝率を持つため2倍配当のバカラ(これはそれのプラスして、バンカーの賭けにするとやや勝率が上がる)などで使用する事が出来ます。

グッドマン1235法は最低2連勝すれば負けることはないリスクが低い方法ですが、3連勝以上しなければ利益が出ないというデメリットもあるのが注意点です。しかし最初に連勝さえすれば後に連敗しても利益を残せる性質により、5勝5敗でも利益を出す事も可能な数少ない方法です。ただしこの方法は連勝することが前提になっている事であるため、連勝することがなければ利益が出ないので注意が必要です。よってこの方法を行う場合連勝が見込めないプレイでは利益がマイナスになるだけなので他の方法に変えた方が適切です。逆に連勝している場合は有効で3連勝さえすれば地味にプラスが積み上がっていくことになります。

この方法の応用として通常「1,2,3,5」の順で賭けるのを「2,4,6,10」と言った二倍にしたり、三倍になる「3,6,9,15」にして賭けに挑むと言った事も可能でその分リスクが高くなりますが資金に余裕があるならプレイもありです。
オンラインカジノを始める方にはベラジョンが初心者におすすめです。