ホームページはストーリー次第で【10倍以上の成約率に変身!?】

こんにちわー!

今朝、3歳の愛息子のおむつを取り替えて、うんちが手に少しついちゃったケンゾーです。。。

 

今日はWEB集客で最も重要な成約率について、お話ししますね。

 

実のところ、成約率ってWEB集客で一番重要だと思いませんか?

成約率が高ければ広告費は最低限で済むので、そのうえでアクセスを集める施策をしていくのが一番合理的だと思いませんか?

 

新たにビジネスを始めるときは、過去に成功した事例を多くは参考にします。

 

ランディングページ(LP)におけるノウハウを採用していけば、成約率を早いうちから格段にアップさせるような方向性を見出すことにもなるわけです。

 

ビジネスの世界は需要や趣向がスピーディーに変わっていくため、常に先を見据えた対応をとることが求められます。

 

インターネットビジネスには欠かせないランディングページ(LP)をフル活用して、チャンスがある限り最後の最後まで粘り強い対応をしていくことが重要な内容となるのです。

 

その一方で工夫をする箇所を自らで見つけるということは、難しい内容が多いという意見もあります。詳細をじっくりて研究して、傾向を掴むことがコツになるのです。

 

日々刻々と変化する状況に適応させるためにも、世界情勢の動向も欠かさず見ていく方向性が大事になります。以上のことより、成功を収めている方の多くはすでに今述べたような内容を実行していると見てよいのです。
小さな個人経営のインターネットショッピングにおいては、成約率を上げるには強い関心を持ってもらう必要があります。

 

ブログを開設して商品の魅力や用途を説明するなどの工夫を凝らしていくことで、それに伴う魅力を前面に出す方向にもつながり、最終的にはメリットと呼べる部分を増やすかたちとなるわけです。

 

質の高いサービスを提供し続けることで、ランディングページ(LP)の要素と同様、価値を上げることに成功します。

 

じゃ、どうやって成約率を高めればいいのか?

 

実はそれって、難しいようで、とても簡単なことなんです。

時間をかけて考えれればとても簡単。

 

検索ユーザーに対しての完璧に売れるストーリーを作り上げれれば言い訳です。

 

そこで重要なことが、売れるストーリーを脚本・演出できるホームページ制作を考えてればいいだけです。

 

そのためにはコピーライティング力がモノを言います。

もしコピーライティングや売れる企画構成に本当にお困りであれば、

ダイレクトレスポンスマーケティングの本を読むといいですよ。

 

PS.売れるランディングページ制作なんて簡単だよ( `ー´)ノ

 

FROM 大阪飛田新地前のドトールより。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>