【完全保存版】売れまくるランディングページの作り方

こんばんわ!きょーへいです!

 

いよいよ明日は年越しですね!!

なんで、今日が今年最後の記事になりますので、

かなり気合入れて完全保存版で売れまくるランディングページ制作についてご説明させていただきますね!

 

消費者のうちの誰かに有益な商品を世の中に登場させるのみならず、

ランディングページの作り方を知って開設に至るまでの活動を実行に移すと当該品が売れまくる結果が期待できます。

 

LP内部に施す色彩に気を配ることはもちろん大切なのですが、

より重要視するべきはランディングページに含むテキストの内容を消費者の心に届くようにすることです。

売れまくるLPを作成するときには、手始めとして消費者が現状に対してどのような不満を持っているのかを分析します。

 

その結果、文章で表現されることによって己の至らなさを痛感させる文言を考えながらテキストを作ります。

 

可能であれば人の心を動かすためのノウハウが網羅された書籍を参考にしながら、独自の文章の作り方を構築していくことが肝心です。

 

同じ内容の話を何度も繰り返されてしまった人は、その詳細が頭の奥底に深く刻まれます。

 

この仕組みをランディングページの作り方に応用することができるので、積極的に取り入れるべきです。

 

やり方はいたってシンプルであり、結論から書くと序盤に作成したテキストの内容をLPに複数回掲載することです。

 

作成者からしてみればくどいと感じる頻度の高さでテキストを配置することによって、閲覧した消費者は重ねて己の至らなさを認識していきます。

 

最終的には現実の自分をより良くするためには紹介されている商品を購入しなければならないと考え始めるので、作成物が売れまくる基盤になります。

 

ただ、実際にはリスティング広告を回してABテストを繰り返していかないと本当に売れるランディングページはできません。

運用をしてテストを繰り返し続けることにより、運用型の最強に売れるランディングページが手に入ると考えていただければと思います。

 

これからランディングページ制作をする方は一度、ランディングページ制作の考え方を見てから決めるといいでしょう。

 

以上となります。

 

今年は本当にお世話になりました。

来年度もより良い記事をご提供していきますので、

来年もどうぞ宜しくお願いします( `ー´)ノ

 

※こちらの記事を読んでいただけると更にランディングページ制作について詳しくなれると思います。

 

?海外のランディングページってすごくシンプルなのはなぜ?

?なぜ日本のランディングページはこんなに派手なのか?

?レスポンシブデザインのランディングページってぶっちゃけどうなの?

 

PS.来年はみなさまにとって、良い一年になりますように。

良いお年をお過ごしください( `ー´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です