ダイレクトメール制作サービス

Direct Response Marketing

(通販・パチンコ屋・不動産に特化した最強のDM制作)


DM作成について

DM作成・印刷は、今やネット上で発注から納品まで行うのが主流です。
印刷技術は日々進歩しており、より高品質かつ格安で印刷できるようになっています。

格安の理由は、オンデマンドというデジタル印刷機の登場で、従来のオフセット印刷のように、版を作らなくても印刷できるようになったため、安価で素早く、かつ少量でも対応できるようになったためです。

オンデマンド印刷なら、DMでお馴染みの圧着印刷も、安価で申し込みもネットで受け付けています。
より多くの情報を提供できる圧着印刷も格安で行えるので、今まで大判で印刷し、手折で封筒に入れて発送という手間が省け、効率的にサービスを提供することも可能になりました。

ネットでの発注を受け付けている印刷所なら、印刷面のテンプレートや、後納郵便や別納郵便などの印字のテンプレート など配布しているので専用のソフトや技術は必要なく、作成時には大変便利です。

ホームページには印刷プレビュー機能も実装している印刷所も多く、印刷の漏れやデザインの不備なども入稿前に自分でチェックできるので、業者に渡った後のトラブルも激減します。

入稿方法も、メール入稿やウェブ上で入稿できるFTP入稿など、様々な方法があり、DMの原稿を郵送するよりも圧倒的に短時間で入稿できるので、納期もかなり短縮できるのも魅力ですね。

しかし、DMの印刷についてはオンデマンド印刷ができたことにより、革命が起きましたが、結局はいくら印刷代が安くなっても、DMのライティングや構成、デザインがあったうで、印刷の紙の種類や圧着ハガキなど、用途に合わせた紙の種類を決めていかなければいけないため、結局は初心者向けではないのです。


①ターゲットに合わせた顧客リスト!

貴社のビジネスモデルにマッチした顧客名簿をご用意させていただきます!

②買いたくなる完璧なストーリを脚本・演出する企画構成!

200社を超えるDM制作の実績から、買わないで離脱することが考えられない完璧なストーリーを脚本・演出します。

③イメージで伝わる欲しくなるデザイン!

女性は文章ではなく感覚で買います。そのため、デザインは超こだわらないと売れません。ダサいデザインであればDMを打つだけ無駄です。

④デザイン・企画構成に合わせた紙を選ぶ!

ここまでできて、初めて印刷する紙を選びます。ただ安さだけを選ぶのであればオンデマンド印刷で十分ですが、反応のないダイレクトメールは意味がありません。ここは特にプロの意見を聞いていただいてこだわりましょう。


 HP制作の御見積もり依頼はこちら