バナー広告最適化はABテストにあり!

ABテストとは、AパターンとBパターンの2種類を用意し、入稿前に比較してどちらが効果的であるかチェックするテストのことを言います。バナー広告は動画になっているものも多く、静止画だけでは判断しづらいことがあります。そんなときにABテストを実施することで、好印象を与えられるデザインを選択することができ、バナー広告の効果を最適化することができます。特にFlashで作られるような細かなアニメーションができるものときに有効な手段です。しかし2パターン用意することでどちらかの案はボツになってしまいます。その分制作費用がかかってしまいますので、あまり予算がないときは1パターンに注力したほうが良いこともあります。バナーの効果を最適化するのにはデザインも大切ですが、入稿する媒体や大きさを検討することも大切です。同じページ内でもクリックされやすい場所というものがあり、設置した場所によっても広告効果は異なるためです。一般的に画面上部のページを開いたときに表示されるエリアが最もクリック率が高く、次いで左右にある300×250などのブランドパネルと呼ばれるタイプのバナーがクリック率が高くなります。画面をスクロールしないと表示されないようなバナーや、ページの下部にあるバナーはユーザーの目につく確率が大きく下がってしまいます。その分掲載費用は安くなりますが、短期間でたくさん人を集めたい場合は目立つところに入稿したほうが良いでしょう。

続きを読む

DMを送るメリットとは|化粧品ビジネスで勝つ

毎日過ごしているオフィスや家には、毎日といって良いほど、さまざまな「DM」が届きます。
会員登録している飲食店や電気量販店、銀行などの金融業者や健康食品などなど。
また、化粧品のサンプルを取り寄せた後にも必ずと言っていいほど届きますよね。

化粧品会社側の気持ちを考えると正直、ホームページやスマホのアプリでお客さんを引き寄せる方が、コストもかからないし集客率がいいのでは?なんて他人事ながら思ってしまうのですが、なぜまだそんな宣伝のやり方が通用するのでしょうか?
いったいDMを送るメリットって本当にあるのでしょうか?

スマホやネットでの売り込みは、会社側からすると常に『受け身』。お客さんが来てくれる準備をして、ひたすら待つことしかできません。
でも、DMは『攻める』事ができるんです。
届く側の意向を気にせずに、送りつけることで、受け取った人はついつい目に入って読んでしまう。

チラシのポスティングなども同じやり方ですが、チラシだとすぐにポイッと捨てられる確率が高く、いまいちメリットがありません。

大きさといい、紙の厚みといい、また開封する楽しみなどもあったりして、見てもらえる確率がかなり高いという事が言えます。

この時代、ネット社会だからとアプリなどの集客に偏ることなく、こういったアナログ的な方法でお客さんを確実につかんでいく事で、大手の化粧品会社に負けることなく、勝ち続けている会社がたくさん存在しているんです。

続きを読む

【WEB業界で働きたい人にここで朗報】

株式会社ZERO式では、2017年度の新入社員を募集することにしました。

募集者は、下記となります。

WEBデザイナー WEBディレクター WEBライター

ヤル気とガッツのある人は未経験でも大歓迎!
また、おれ、中途だけど入社してノウハウを学びたいという前向きな方でもOK!

募集人数は2016年度の秋に、2人、2017年度の4月に4人の募集枠を持っています。

我こそは、一流のWEBマーケッターになる!!という意気込みの方はぜひ応募ください。

 

続きを読む

大阪のランディングページってなぜかコテコテのコピーが多いですよね

地域によって商売人の特徴は異なりますが、より顕著なのは大阪ですよね。

他社よりも利益を多く出すためには、世間的に認められている範囲内で奇抜な発想を考えて実行に移すことができる強さを持っていますよね。

大阪の業者が制作したランディングページを確認していても、他の地域とは明らかに毛色が違うコピーを発見することは容易です。

ビジネスの世界ではあまり頻繁に採用されないLPのコピーが多いのには、大阪ならではなの事情が関係しています。話し相手を笑わせることができる人が優れていると信じて疑わない府民性ですから、その内容は自ずと斬新なものになります。

この現象がLPにも反映されやすいので、一目見たら忘れられないコピーが考案されるというわけです。

ランディングページにはビジネスライクな文体が導入されがちであるにもかかわらずスタンダードな手法から一線を画していることは、例によって府民性が大きく関わっています。話の内容を面白おかしくすることに熱心な人が多い上に、明確な着地点を模索しようとします。

曖昧なままで話を終わらせてはならないという暗黙のルールが存在していることが、しばしば原因となっています。ランディングページのように限られた範囲内で話題の着地点を示すには、少ない文言で強い印象を与えられる言葉が必要です。

したがって、LPの要所で見かけることができる言葉には強烈なインパクトのあるものが採用されやすくなっています。

続きを読む

忘れてはいけないホームページとドメインを結びつける設定

ホームページは、企業や個人などが情報発信を行う場として効果的ですが、近年では、オンラインショップなど電子商取引の場として活用される機会が増えています。

何れにしても、ホームページとドメインの結びつきを行う作業は重要であり、この作業を忘れますと、サイトの移行がスムーズに進まず、折角、SEO対策によって検索結果ページの上位に表示されていても、効果を持続させられなくなってしまいます。

ドメインの設定を行うには、レンタルサーバなどを利用している場合には、それぞれのサービスにおける管理画面で設定変更が出来る項目がありますので、この項目を使う事によって、変更を行えます。
ホームページは、Webサイトの中でもメインとなるページですので、この部分にドメインを指定しておきますと、サイト全体にも反映される事になります。

この設定は、SEO効果を持続・発揮させる為に非常に有効ですので、サイトの認知度を高める為にも必ず結びつけておくと良いでしょう。

結びつける作業は、どのレンタルサーバ業者のサービスを使っても同じです。
検索エンジン対策は、この他にも様々な方法がありますが、ビッグワードなどを絡めてサイトのテーマに合った文章を書いたり、HTMLソースコードのmeta要素を調整したりというような方法でも、SEO効果を高めていく事が可能になります。

SEO対策を行って、ホームページを制作し、露出を高める事で、ECサイトでの売り上げを向上させられます。

続きを読む

ダイレクトメールにはできるかぎりの楽しさと工夫を詰め込もう!

ダイレクトメールは、商品の購入や注文に繋がる効果が確実にある事から、現在でも様々な企業が利用している広告の一つです。

一方的に送られるチラシや広告はあまり見られていないのではと思われがちかもしれませんが、意外とチェックしている人は多いのです。
もし、その時に商品を購入する事に繋がらなくても、その企業や商品やサービスについて知ってもらえるだけでも効果が有ると言えるでしょう。

もちろんどんな広告でも効果があると言う訳ではなく、読んでもらえるような工夫や、その商品やサービスの便利さや快適さなどが相手に伝わるような内容のダイレクトメールで無くてはなりません。
商品の広告だとしたら、沢山の写真を掲載して分かりやすく説明したりするのが効果的です。
文字だけで説明しても全て読んでもらえるとは限らないので、一目で分かるイメージや絵を使うと誰でも分かりやすく説明する事が出来ます。
ダイレクトメールを読んでいて楽しいと思ってもらえれば、企業や商品に対して良いイメージを持ってもらう事が出来ます。
そして、堅苦しい説明だけでなく、商品やサービスの魅力が伝わるような広告を作る工夫をすると良いでしょう。
また、商品やサービスについてのこだわりを記載したり、他の会社との違いなどをアピールすると興味を持って貰える確率は上がります。

そして一番大切な事は、自分がもしお客さんだったらどういう広告に興味を持つかという事を考える事では無いでしょうか。

ダイレクトメールの記事作成代行サービスに興味がございましたら、いつでもご相談くださいませ。

 

from 北参道駅前ビルより

続きを読む

ランディングページって無料で作れるツールってあるの??

企業や個人のWebサイトには、SEO対策を行う事が一般的になっています。

特に、企業は商品やサービスの売り上げがサイトのアクセスと比例しますので、検索結果ページの上位に表示されるようになる必要があります。

SEO対策には、色々な手段が用意されていますが、ランディングページを用意する事によって、オンラインショップに随時SEO対策の新しいテクニックを適用しなくても、誘導する事が出来ます。

ランディングページは、一ページである事が一般的であり、この一ページにSEO対策などのテクニックを盛り込んでいきます。

LPを作成する為には、専用の作成ツールを使うのが良いでしょう。

無料で公開されている事もありますので、無料のツールを最大限に活用して、LPを制作しても良いでしょう。

制作ツールには、SEOで使うキーワードなどを一元管理出来る機能やサイトの背景色やロゴの色を変更する為のカラーピッカーなど便利な機能が多数用意されていますので、これらの機能を使って、効率的にページをデザインしたり、調整したりする事が出来ます。

LPには、高性能な機能を搭載する必要がありませんので、商品の魅力を消費者に伝えるように説明を詳しく、長くなり過ぎないようにして文章を書いていく事が必要です。

ホームページ制作を導入する事によって、商品やサービスの宣伝を行い易くなり、制作アプリケーションは、制作だけでなく、キーワードやコンテンツの管理にも役立ちます。

続きを読む

LPのアクセス解析はアナリティクスで本当に十分?

ネット上で消費者に自社製品をアピールする手段として活用されているランディングページは、表現によってアピール力が変わってきます。

ランディングページのコンテンツの大部分を文章で占めており、その為、文章に使うキーワードは、製品に関連性があって、一般的に使われている言葉であるビッグワードと共に織り交ぜて文章を構成していく事が大切です。

アクセス解析を行う時には、色々なツールがありますが、最も良く使われているのがアナリティクスです。

このツールは、検索エンジンメーカーが開発したアクセス解析ツールですので、検索エンジンへの最適化の度合いが良く分かります。

アクセス解析を行うのは、アナリティクスで十分であると言えます。

LPを検索エンジンに最適化していく為には、アクセスしてきた人々がどのようなキーワードで検索を行ってきたのかを把握しなければいけません。

解析ツールを使えば、そのような状況がよく分かりますので、LPの検索エンジンへの最適化を十分に図る事が出来るようになります。

検索エンジン対策は、WebサイトやブログやSNSなどでも行われているポピュラーなテクニックですが、逆にこのテクニックを使わなければ、検索結果ページへの上位表示は難しくなる事になります。

アナリティクスには、分析を行う為の項目が多数含まれていますので、様々な角度から分析を行って、LPをより効果の高い道具として育てていく事が可能です。

アクセスしてくる人々の行動分析を行う事で、宣伝効果を最大限に上げていく事が出来ます。

続きを読む

ダイレクトメール作成にかかる平均コスト

通販サイトを運営している管理人さんにとって、第二の収益に見込めるのがダイレクトメールを使った販促活動です。昔は効果があったかもしれませんが、何も購入していない人の世帯に向けてランダムに送る行為は、相手にとってプライバシーを侵害されていると思われることが多く、実際に受け取ってみた事がある方には分かるかと思いますが、あまり良い印象が残らないのが大半だと思います(企業宛ての場合は別です、効果的に送れば良い反応が返ってくることも)。ただ、一度自分がネットで通販したことのあるところからのものであれば、一度購入した商品以外にも面白いものがあったり、手書きのメッセージなど書き添えてあれば好感が持てますし、また購入してみるかな、といった気にもなりやすいものです。

このように工夫すれば効果的な収益に結びつけることができるホームページ制作よりダイレクトメールのほうが、コストは枚数を多く刷れば安く抑えられ、1万部であればはがき代含めて郵送は1枚で70円〜80円前後です。製作して印刷するコストも含めれば80万円〜100万円前後かかることになります。大企業ではなく、中規模か小規模ぐらいのお店であれば、1000枚でも十分リストにある顧客に送れるため、10万円前後で送れる計算になります。販売の仕方もそうですが、ダイレクトメールの送り方や頻度にも謙虚さがあれば、受け取った人は少なからず好感を持つようになるのは確かです。商品購入後レビューをくれた顧客や、購入後しばらく経ち、商品の旬といえる時期が来た頃など、タイミングを見計らって送ってみるのも広告戦略のうちの一つです。お店を構えているだけでなく、有効に活用していきましょう。

続きを読む

ランディングページってSEOに不利って本当?

広く知ってもらいたい情報をひとまとめにできるランディングページについて、ときおりSEOには不利であると断言する人が登場します。彼らは、LPを作成した経験を有してなおかつSEOに不利であることを痛感した張本人である場合がほとんどです。しかしながら、詳しく話を聞いていると彼らの取り組み方に問題がある可能性が否定できなくなります。

ホームページの内容を組み立てていく過程では、テキストの文字化けという現象に悩まされることが少なくないです。LPにアクセスするために用いた環境次第では内容を正確に理解することがままならなくなってしまうので、コンバージョン率の低下に直結する問題と言えます。これを回避するために広く知られている方法は、テキストの内容を画像化してランディングページに貼り付けることです。画像データであればどのような端末であっても内容を正確に確認することが可能になるので、多数派の製作者が積極的に取り入れている方法というわけです。ところが、画像データで問題回避を行うとSEOに不利になります。今日の技術水準では画像データで確認できる文字の内容を解析することができないので、該当部分が検索結果に反映されることがないからです。安直に問題回避をしたばかりにアクセス数を激減させるきっかけを作ってしまうことになり、この事象が発生して頭を抱えることになった人はLPを有効活用することに苦言を呈することが多いです。

続きを読む