ホームページ制作のデザイン配色について

こんにちは、WEB制作担当の春樹です。

12月もすでに21日です。
今年も残り10日で終わりです。

私ごとですが、僕、稲益春樹は本日で2○歳を迎えました。

昨日、友人と誕生会をかねて仮装パーティを開催しました。

仮装(コスプレ)をすると気分が変わりますね。

当社のクライアントの先生や受付さんまできていただき
サンタクロースの衣装でかっこよくキメていただきました。

僕はドラゴンボールのベジーターの仮装でしたが、
筋肉モリモリのタイツを着てちょっと強くなった気分でした。

仮装など衣装を変えるだけで周囲からの視線はもちろんですが
自分の気持ちも変わるものです。

さて、ここからホームページの色合いについての話に移ります。

ホームページのイメージを決める要素としては、画像やレイアウトや配色があります。

これらの要素をうまく纏める事によって、ホームページのデザインは良いイメージを生み出す事になります。
デザインの中でも、配色パターンを考慮して色を決めていく事は大切です。

寒色系であれば、冷たい印象を生み出しますので、夏場の海に関連するキャンペーンサイトなどで使うと適しています。
緑系であれば、自然のイメージを生み出せますので、森林などのモチーフを引き出したい時に良いでしょう。
暖色系であれば、華やかな印象を引き出せます。

暖色系を利用する事によって、温かいイメージも作り出せます。
このように、色々な配色パターンを変更していく事によって、多彩なホームページのパターンを生み出せますので重宝するでしょう。

色を決める時には、予め、モックアップを作っておきますと完成時のWebページの印象を決めやすくなります。
企業サイトであれば、企業のカラーやコンセプト、ブランドの内容などで色を決めていくといった方法があります。

この方法であれば、一目でサイトに訪れた人々が企業をイメージしやすく、サイトの完成度を上げていく事が可能です。

企業サイトは、ネットユーザーに認知してもらう事で商品を購入したり、サービスを利用したりしてもらえますので、
色とレイアウトは大切な要素となってきます。

キャンペーンやシーズン毎に色を変えていくのも、プロモーション面で有効でしょう。

PS 結局はコスプレと一緒で、ホームページもイメージを変えるとと気分が変わるので、問い合わせの増加や従業員、ユーザーへの士気を高めることにもつながると思います。

from 博多駅のスターバックスより。
ホームページ制作の株式会社ZERO

続きを読む

美白化粧品の折込チラシ、成功のコツは「時期」だった!

こんにちは、佐藤です。

12月に入りましたね。
今年も後1カ月です。

2015年も残り少ないですが
やれることを1つ1つこなし、
気持ちよく新年を迎えたいですね。

はい、今日は化粧品のチラシ制作について
お伝えします。。

化粧品は女性の必需品であるという認識も見られることから、
最近は人気を押し上げるような理由が見られるメッセージの有無が大きく左右していきます。

時期的なものをしっかりと捉え、折込チラシという方法を時には採用して、
自社のブランドイメージのよさを献身的にアピールしていくことが重要です。

ひと昔とは異なり女子大生が化粧品を開発するアシストをするような時代にもなったため、
各々の生活スタイルに合ったような提案も大切な側面を見せています。

さらに年齢を重ねる上で美への捉え方にも違いが出ていくことにつながることから、
これからは信憑性のある情報が重大なカギとなっていきます。

従来の方法のひとつでもあり折込チラシを上手に時期を見計らって配信していくことで、
自社が手掛ける商品の売り上げアップを図るような取り組みにも結び付ける可能性が生まれていくようになるわけです。

その一方で市場は日々刻々と変化しているという認識を担当者は持ち合わせていくことが大事であり、
美しい肌をキープしていくようにする努力を行っていく点も必要なのです。

ビジネスを成功させるコツはいくつか要因が含まれていますが、
信頼関係を適切にお客と築けるかという基本的な部分も頭の中に入れておくことが重要です。

はい、今日はここまで〜!
なにかわからないことがあればいつでもお問い合わせください。

追伸
女性が喜ぶカラー印刷やかわいいキャラクターを採用した折込チラシにすることができれば、
化粧品ビジネスを無事に成功で終えるチャンスを掴む方向が見えていくのです。

from 福岡駅のスターバックスより。
ホームページ制作の株式会社ZERO

続きを読む

売れる化粧品・医薬部外品・健康食品のマーケティング

22804
こんばんわー!今日は福岡に出張中なので、福岡のスターバックスからお届けします。

今回のお題は、売れる化粧品・健康食品関連のマーケティングについてお話ししましょう。

一度見れば印象に残すことができる商品に共通して言えることは、キャッチフレーズに優れている部分があります。医薬部外品や化粧品は口コミが大きく左右していく内容が多いので、慎重にひとつひとつ解決していくことが大切なのです。

また信ぴょう性が大きなポイントになっていく健康食品においては、利用する価値がベースになっていくため、将来的な方針を真剣に見ていくことが重要な側面となります。消費者に評価されるような心理状況を今一度確認して、企業のマーケティング戦略を着実に実行することが大切です。

その一方で医薬部外品や化粧品は日本製のものかどうかを精査することが重要となり、細かい表記をしっかりと販売側は提供していくことが求められます。通販におけるビジネスはたくさんのショップが参戦しているため、各々が他社との差別化をきちんと図る必要もあります。

豊富な販売形態を用意することで、より多くの人へ的確なメッセージが伝わるものとなるのです。売れるための条件が現在はどういったところに基準が置かれるかを見ながら、冷静な対応をしていく方向が重要となってきます。

中高年世代が関心を高めている健康食品においては、効き目の時期や分量をこれまで以上にわかりやすく説明していくことが課されており、企業側のマーケティング戦略の上位にも来ているのです。ちなみに、モノの売り上げが好調になっている企業の多くは、凄腕のバイヤーが最低一人は在籍しています。

やはり、売れるには商品があってこそのマーケティングになるかと思います。そこのマーケティングという部分に私は非常に多く携わってきました。例えばテレビショッピングだったり、ダイレクトマーケティングだったりといろいろありますが、一番思うことは受け皿が命です。

つまり、WEBです。いくら広告を打っても要の受け皿であるホームページがしっかりしていないとそもそもマーケティングをする意味がないのです。特に通販だとECカートはもちろん、SEO対策も重要になってきます。もし、通販のプロが本気で作るホームページ制作に興味がございましたらぜひ、私の話を一度聞いてみてもらえればと思います。

お気軽にお問い合わせくださいw

PS 私は常に新規で立ち上げる化粧品や健康食品会社と商談をしているので、最先端の商品情報もお届けしたり、マッチングもできると思います。

ではでは〜( ^^) _旦~~

続きを読む

カラフルなランディングページはコンバージョン率が高いのか?

こんばんみー。

毎日子供の送り迎えとおむつを替えているハルです。

 

今日は僕が一番得意なランディングページについてお話しします。

ズバリテーマは、カラフルなランディングページのCVRについて、

お話ししますね!

 

ランディングページのコンバージョン率を上げるのは至難の業であると言わざるをえないと感じる人もいれば、いとも簡単に目的達成できると実感する人がいることも事実です。

この両者の明確な違いは、カラフルなランディングページを作成しているかどうかです。

 

カラフルなランディングページに共通的なこととして、色彩に富んだデザインであることが多くあります。

世間にはさまざまな種類の色が存在しているのですが、その一つひとつには根強いファンの存在を確認することができます。

 

したがって、カラフルなデザインのLPにアクセスした人によってはページの雰囲気に好意的な印象を持ちます。

そのような人たちのアクセスが重なった結果として、LPのコンバージョン率が急激に上昇するようになるというわけです。
たまたま目で確認する機会を得た商品に特別な思い入れがなくても、長期的に眺めているとだんだん興味が湧いてくることがあります。

LPに限って言えることですが、どれだけ長い時間ページに滞在してもらえるのかを考えることによってコンバージョン率の上昇が期待できます。

 

そのためのきっかけとして、色彩に富んだデザインを適用しておくことは有意義です。

もしもページ内で多用されている色を気に入った人がアクセスした場合には、

好意的な印象を強く持ってもらえるようになるので興味が薄くても自発的に商品を見ることになります。

 

そうしていくうちに購買するか否かを考えるようになり、その人にとって絶好のタイミングなら購入してもらえます。

 

PS

300社以上のLPを作ってきた感想として、

やはり色合いは超重要です!

テーマカラーも超重要なので、ABテストとかもしたほうがいいと思います!

これから制作・運用する人は必ずABテストを行いましょうね!

 

ちなみに次のエントリーも読むとすごく勉強になるので、

お暇な方はどうぞ。

 

僕にコンサルしてほしーって思った人はこちらからお問い合わせくださいねw

 

 

 

では本日も最後までどうもありがとう!

今年もあとわずかなので、仕事をしっかりやり切って

年明けに備えましょうね!!

続きを読む

ランディングページを作る上での考え方とは

毎日毎日、子供のオシメを変えてる編集部のハルです。
どうも!今日は、制作の考女心をくすぐるランディングページえ方についてコラムを書きますね ^^) _旦~~

女心をくすぐるような広告は、ヒット商品を生み出すようなエッセンスを兼ね備えているという見方があります。女性をターゲットにしている製品が多い中、LP(ランディングページ)を上手に活用していくことで注目度を格段にアップさせる方法にも結び付けることができます。

また季節限定の製品を用意することで、一過性のブームを継続させるような方向性も見えていくことになります。インターネットでショッピングをする人が増えた時代だからこそ、LP(ランディングページ)における価値が見直されているのです。

その一方で作る側に求められる内容は、時代に即したエッセンスを織り込むというものです。複数回閲覧しても好感を持ってもらえるようなレイアウトを心掛けることが重要であり、口コミサイトへ働きかける意識も必要となります。

それに加え根本的な考え方を改める決意をする可能性もあり得るため、いろいろな角度から研究をして自分たちにとって理想的な環境を構築していくことが大切なのです。

ゆえに考え方次第でビジネスの方向性や成功率は、大いに変わっていくようになります。

それから動画付きでわかりやすいメッセージを伝えるようにした内容も注目されており、見逃せない情報であるとブログでも度々紹介されています。

購入に前向きになるような事柄を織り込ませることができれば、津々浦々の人へ情報を伝える要素も見込めるのです。したがって、作る段階からこのような内容を考慮しておくことが大切です。

ランディングページ制作でお困りなら、お気軽にご連絡ください(‘ω’)ノ

続きを読む

変わりゆくホームページの集客法

突然ですが、読者のみなさんのホームページ集客は上手くいっていますか?

失礼かもしれませんが、上手くいっている企業様は全体の2割未満だと思います。私は今年でWEBキャリア10年で通算300サイト以上のコンサルティングをしてきており、様々な案件を今まで見てきました。

その中でうまくいく会社とうまくいかない会社は大きく2つの要因があると考えられます。

まず一つ目には、どこまで本気でWEB集客をしていくのか?という心構えがある企業様が圧倒的に上手くいっている傾向が強いです。これはまず大前提ですね。

そして、二つ目は私が最も伝えたい内容なのですが、時流に乗っているかです。つまり、自分たちが販売してる業界にマッチするアプローチができているかに尽きます。

特にここ1年でホームページの集客は大きく変わりつつあります。

今までのサイトへの集客方法としては、検索エンジンからの流入が主でしたが、SNSの登場によってこの流れは変わりつつあります。SNSで拡散された記事が一日で何万ものPVを集めることは珍しくなくなってきました。また、SNSでのコミュニケーションを通じて自社商品を購入してくれたり、リピーターになってくれることも多くなっています。

つまり、サイト以外の部分で集客することによって、ホームページへと誘導することが可能になってきたのです。これはSEOに頼りきった方法からの脱却をも意味しています。検索エンジンからの流入以外のアクセス方法を確保しておくことによって、たとえなんらかの理由でペナルティを受け、検索エンジンからの流入がなくなったとしても、SNSからの流入があるため致命的な打撃にはなりにくくなります。

さらには、SNSとひとくくりにしていますが、日本ではいくつかのSNSサービスが人気を呼んでいることから、サイトへの集客アクセスを複数確保していくこともできます。リスク分散という意味では、運営の安定にも繋がるだけでなく、今以上に多くのユーザーとの接点も持つこともできるはずです。

つまり、これからのサイト運営の在り方としては、ホームページを作成して終わり、良質なコンテンツを作って終わりといったことだけでは生き残っていくことは難しい時代になってきました。SNSをうまく活用し、運営者自らが積極的にユーザーにアプローチしていく営業力も必要になってきたといえます。

今後WEB集客を本気でお考えであればホームページを作るときに一緒に関連するフェイスブックページやツイッターのアカウント構築もまとめて対応・連結してもらえるSNSで売れるホームページ制作会社に依頼することをおススメします。

続きを読む

ネット通販は食品や化粧品などリピートする商材が売りやすい

いつでも自分の好きな時間にお買い物ができて、しかも自宅まで商品を届けてくれる、そんな便利なネット通販の利用がぐんぐん伸びています。

利用者にはもちろんですが、販売者側から見ても実店舗不要で、かつネットを通じて全国へ販路を拡大できる魅力的な売り方です。ではこれからネット通販を始めてみよう、という方にはどのような商材を扱うことがベストなのでしょうか。もちろんオンリーワンの商材をすでに手にしているなら話は別ですが、そうでなければ何を扱うかが成功への重要なポイントになります。

そこでまず考えたいのは、その商品はリピート客を取り込めるかということです。1度きりではなく何度でも利用してもらえる、それも不定期ではなく定期的に利用してもらえれば、商売としていうことはありません。例えば食べ物ならば、人は誰でも何らかの食品を毎日口にしています。

気に入った食材であれば人は定期的に購入してくれるでしょう。さらに産地直送であったり、無農薬、有機栽培などの特徴があればさらに販売しやすいでしょう。化粧品なども同様に毎日利用する消耗品です。しかも化粧品は気に入ってさえもらえれば、たいていの人は普段使っている化粧品をコロコロと変えたりはしないものです。

繰り返しになりますが、売りやすい商品とはリピートしてもらえる商品です。もちろん多くの方にリピートしてもらうためには、その商品に魅力が必要なことは言うまでもありませんが、その魅力を伝えるためにはサイトでの広報が重要になります。

結局ネット通販の肝は、商品選びとその商品の魅力を十分に伝えるための、サイト作りにあると言えるでしょう。

続きを読む

国内化粧品ビジネスと通販チャネルについて

編集部の山中です。
今日は化粧品の通販ビジネスについてお話しします。

国内化粧品ビジネスの現状は、頭打ちであり限られた需要の奪い合いになっているとも言われます。そのようなビジネスの中で最も重要な事は、商品と流通です。良い商品でないと売れませんが、良い商品であっても販売チャネルがなければ売れないのです。

通販は、参入しやすい販売ルートです。店頭販売の化粧品と比較すると、卸売や小売りを垂直統合した形になるため、ダイレクトに消費者と直接の取引によって商売が成立する点が最も異なり、卸売りや小売りの管理費などを削減することが出来ます。従って市場において異業種からの参入が増えているのも、このルートを使うケースが多くなっています。

特にインターネットを使う場合はローコストで始められますが、電話の場合には、受注にかかる電話オペレーター人件費、流通センターの発送作業員の人件費など、他にも代金回収費用として、代金回収代行業者への費用などが掛かります。市場において認知されるためには販売促進も欠かせません。

店頭販売品であれば、店の前を通る人が見るために来店してくれますが、通販を使う場合はチラシを撒いたり、カタログをダイレクトに届けないと注文がありません。

一つの方法としては、サンプルを無料配布するというやり方で、大量に配布する事によって成功を収めた例もあります。

このような宣伝やプロモーションによって販売ルートを確立する事は、それだけでも費用が掛かり、初めは赤字スタートになる場合も多いようですが、確立してしまえば、あとはリピートが来れば利益となっていきますので、赤字を出してでもチャネルを獲得することには大きな意味があります。

リピートが来るためには、当然良い商品であることが必要です。従って、化粧品ビジネスで最も重要な事は、商品と流通であり、通販はインターネットの普及によって、近年最も発展性のある販売チャネルの一つになったと言えます。

続きを読む

【完全保存版】めちゃくちゃ売れるDM制作のポイント

うぃっす!編集部のNAOYANです( ゚Д゚)

私自身がもともと紙上がりだったこともあり、本日はダイレクトレスポンスマーケティングのお話です。

売れるDM制作のポイントは、まず、誰に何をどのようにするのかが明確化されていなければいけません。

どれも不透明ですと、何を言いたいのか伝わらず、集客も購買意欲も湧きません。

まずは制作の前に、誰をターゲットにどのようなサービスを提供するのかをはっきりとさせましょう。

レターもハガキサイズかA4ほどの大きさの紙面など、多様にありますが、提供したいサービスや情報がはっきりとすれば、サイズも明確化され、より効率的に提供も可能です。

そして、リストの効率的な活用も大切な要素です。

チラシのように、より多くの人に配ることはDMでは効果的とは言えません。

それどころか、配布する世帯にぴったりと合う内容ではないと逆効果になってしまうのです。

ですので、配布したい世帯にピンポイントに送るために、精度の高いリストが必要となります。

リストは、ほとんどが外部のリスト業者から入手すると思われますが、業者によってリストの精度や質は大きく違いがある場合があります。

確実なのは、複数のリスト業者を利用し、リストを比べることです。

そうすることによって、より精度の高いリストができ、より効果的なHP制作をすることが可能になります。

また、作成したリストを基にテストをすることも大切です。

テストとは、リストの一部にのみ配布し、そのレスポンス率を調べることです。

次に、リストのデータベース化、メンテナンスも必要不可欠です。

リストは生き物と言っても良いでしょう。

イベントやキャンペーンなどを利用してリストをさらに拡大、開拓も忘れずに行いましょう。

続きを読む

【ネット初心者向き】ホームページの上手な活用方法とは

こんばんわ!毎日毎日、ひたすら記事を書いて徹夜してカップラーメン食べて太りまくっているミズです。
今日は意外にわかっているようでわかっていない、HP活用方法について!

※初心者向きです!

ネット環境があれば誰でも閲覧することができるホームページですが、みなさんは上手に活用できているでしょうか?もしかすると、最大限に効果を発揮できていなくて時間を無駄にしたり、目的の情報が見つからずにやきもきした気持ちになることがあるのではないでしょうか?

たとえば料理のレシピを調べるにしてもただヤフーやグーグルの検索エンジンで検索するのでは上手に活用できてるとは言い切れません。何か明確な目的があるのであればそれ専用のホームページを閲覧したほうが質、量ともに優れているのです。

そのようなサイトでは先ほど述べたような検索エンジンでは材料を検索キーワードにするのはうまくいかない場合が多いですが、専用のサイトではレシピを調べるときの検索キーワードに料理名、食材名、またNOT検索などもしやすい仕様となってます。

また、ブラウザの機能は活用できているでしょうか?ブラウザにはブックマーク、お気に入り登録といった機能があります。これらは一度あるホームページをブックマークもしくはお気に入り登録に追加すると、追加されたものが一覧となってそこから登録されているページに検索エンジンを使うことなく閲覧することができます。

このように、何か明確な調べたいジャンルがある場合ならば、ヤフー、グーグルといった検索エンジンを利用するよりもそれ専用のサイトを利用したほうが目的の情報にマッチしたものがより多く、より早く手に入れることができるでしょう。また、ブックマーク、お気に入り登録を利用することによって快適なインターネットライフを送ることができるでしょう。

意外にわかっているようでわかっていないことなので、ネタにしてみました〜

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

続きを読む