自分でDM作成するなら!アプリがおすすめ

いかに読んでもらい、購買意欲に繋げ、購入するまでどう結びつけていくか?お客さんの立場として買い物をしていれば何通か来ているものですが、送る方の立場に立ってみれば、その封筒と中身には様々な工夫が施されていることがわかると思います。

では売れるDMを作成し、効果的に送るにはどのようにすればいいのか?ですが…その前にDMを作る方法や印刷方法が分からないといけませんし、PCに不慣れな個人商店などの場合は習得するまで一苦労になります。

そこで簡単に作れるのが、HP・DM作成用のアプリです。テンプレートを選択し、商品のセールス情報や挨拶書きなどを入力したら、あとは印刷するだけと、ワードなどを使って一から作るよりは手間がかなり省けます。

ただ機械的にアプリにしたがって項目を埋めていくだけでは、お客さんの目には留まらずゴミ箱へ捨てられてしまう可能性が高くなってしまうので、可能であれば手書きでメッセージを書いて送ると、もったいない感が働いて読んでもらうチャンスを生むことができます。

また現在ではプライバシーに厳しい状況にありますので、送る相手は企業に向けて送るか、実際商品を購入してくれたお客さんのみに絞るのがベターで、間違ってもまだ買ってもいない人に送ってはいけません(逆に悪いイメージを持たせることになります)。

あくまでもアプリがしてくれるのはフレームワークだけで、そこから先は送る側の知恵次第になりますが、手間が省けるのは大きいです。無料のものから有料のものまで様々あるため、よくよく吟味して自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

続きを読む

確実に売上アップしたいなら!DM作成のポイント

DMで効果をあげるには、どこに発送するかというリストによって、結果は大きく変わってきます。さらにその内容として、「喜ばれる内容」、「需要に応じた商品」、「タイミングよく送る」以上のことが大切です。発送するためのリスト作成は重用ですが、結果を出すための手段であって、目的ではありません。

リストを作るには業者から購入する方法と、自分で作る方法と2種類あります。結果的には一度でも接点のあった方に対して送った方が効果的なのは言うまでもありません。リストは自分で工夫して作成しましょう。DMの内容については、「読ませる部分」と「見せる部分」が必要です。

どんなにいいアイデアがあってもその内容が不明確であったり注目されないのであれば効果はありません。表現には一般の広告と同じように構成要素を考慮する必要があります。「読ませる部分」ではキャッチフレーズ、サブタイトル、ボディコピーの3つで主体を組みます。キャッチフレーズは文字を大きく強い印象を与え、次のコピーへ誘導します。サブタイトルはキャッチフレーズを補い具体性のある内容を加えます。「ボディコピー」は本文で中心をなすものです。広告内容の利点や、特徴をわかりやすく具体的に説明します。

次に「見せる部分」ですが、これを有効に利用することはDM成功のポイントとなります。「見せる部分」とは写真とイラストのことです。写真は真実性、記録性など、ものを正確に写します。つまり商品写真は商品をそのまま伝えることができるのです。

人物を撮影すれば、その背景、表情などにより、目的を表現できるでしょう。イラストにおいては手書き、キャラクター、まんが、などを駆使してユーモアや親しみやすい印象を与えたりすることができます。確実に売り上げアップを目指すならば、どのような人に発送するかという発送先と、その内容・表現が最大のポイントです。

ホームページ制作会社の作るダイレクトメールはこちら

続きを読む

DM作成業者選び、3つのポイント

DMを作成するにあたって専門の業者を利用している企業も少なくありません。
毎月何千何万通ものDMを送付する企業もあるのですから、より効率的にセールスポイントを絞ったメールの印刷から送付まで一括で請け負う業者に委託した方が、専門性も高いという点ではるかにコストも低い場合もあります。

 

ECサイト運営者必見!薬事法に特化した通販専門コンテンツマーケティングはこちら
これからDM作成業者を選ぶ場合、注意しすべきポイントは3つあります。
1つ目は、下請け会社ではない、または下請けを使っていないこと。
ダイレクトメールの発送代行はB to Bです。
何かトラブルがあった時、下請けなので元請けに問い合わせてから、または実際に業務を行った下請けに問い合わせてから、となるとトラブル解決に時間がかかります。
迅速な対応が信頼に繋がるでしょう。
さらに、専門的な知識がある営業がいる、または専任の担当者がいる会社はより迅速な対応が期待できるでしょう。
2つ目は、プライバシーマークがきちんと更新されているか。
ダイレクトメール代行の業務を行う会社は、プライバシーマークはほとんど取得しています。
いわば、信頼の証明とも言えるものです。
そのプライバシーマークは2年に1度の更新が必要です。
その会社のプライバシーマークの横にある数字が更新回数となりますので、会社の信頼の指針となるでしょう。
3つ目が、きちんと見積もりを出してくれるか。
サービスの料金が明確にされている企業が信頼できるのは、どの業界も同じです。
見積もりや適正な料金かどうかがすぐに分かるように対応してくれる企業は、誠実で信頼の置ける企業です。

続きを読む

DM作成代行サービスの魅力とは

ダイレクトメール、いわゆるDMは最近では印刷の発注から納品まで手続きをインターネット上で行うのが一般的になりましたが、最近では作成からハウスリストへの発送まですべておこなってくれるDM代行業者が登場し、話題を呼んでいます。

DMの作成は、HP制作と違って
、印刷から宛名の印字、発送とかなりの手間がかかります。
さらに、ハガキまたは圧着ハガキではなく、封書での作成となりますと、印刷物を折りたたんで封入する手間がさらにかかります。
それをすべて代行してくれるのですから、大変助かりますよね。

ダイレクトメールは、あくまで人を呼びこむためのものであって、宣伝や集客面では重要な業務ですが、他の業務や営業もある方にとっては、ダイレクトメールに多くの時間を割いてはいられません。

しかし、印刷から発送まで行うのは、かなりの費用がかかるのではないか、と代行の利用を躊躇されている方も少なくありません。
印刷から発送まで行っても、ダイレクトメール1通に付き50円から70円ほどです。
大量に発送するので数万円から数十万円の予算になるかと思われますが、大々的なキャンペーンの場合では、宣伝広告費としては妥当な点でしょう。
また、あらかじめ印刷されていたものを宛名だけ印字して発送だけしてくれるサービスもあり
ます。

印刷する部分が減る分料金も安くなります。
すべてを業者にお任せするか、印刷など一部分だけお任せするか、状況次第で使い分けることも可能です。

続きを読む

売れるDM作成ソフトの選び方

DM作成ソフトは非常に多く、また無料で誰でも自由に使用出来るものも沢山存在しています。インターネット環境の進化も有り、いろいろなものを試してみるということも簡単に出来るため、多くの人がどれを使えば効果的なのか悩んでいることでしょう。郵送料もコストに大きく影響するので、出来るだけ少ない送付数で絞って効果を上げたいと思うものです。
しかし、本来の効果が上がるものとなると、なかなか見つけにくいものです。実際にどのような点に注意すれば効果が上がるのかが分からないと、なかなか良いDM作成ソフトを見つけるのは難しいものです。
DMの目的は受け取った人の購買意欲を煽り、より売り上げに結び付けるために行うものです。その為、出来るだけ効果的に購入してくれそうな人を選び、送付する必要があります。さらに、効率良く送付するためには、あまり興味の無い人には送付しないという選択も必要です。単純に内容が充実していれば良いというのではなく、送付する相手を選び、効果的に送付する仕組みを持っている物がより高い効果を生むのです。
その為、顧客の購買データや問い合わせデータと宛名作成が連動し、内容と関連性のある商品を購入した顧客や、問い合わせの有った顧客に送付する仕組みを持ったものや、分類する機能を備えたものが効果を上げています。
売れるソフトを選ぶためには、その機能ばかりではなく、送付先を上手に選ぶことができるものを選ぶことが大切です。

続きを読む

ECカートの会社でオススメなカートシステム10選!

ECカートは、電子商取引を行う為に欠かせないシステムであり、オンラインショップを運営して消費者に商品を売っていく為には導入が必須となっています。

ECカートのホームページを導入するには、この機能を提供している業者と契約を結ぶのが良いでしょう。
オススメのカートシステムを持っている業者は、多くの人々に支持されており、会員数が多いのが特徴です。

基本的には、クレジット決済などに対応していますので、どの業者の物を使っても構いませんが、デザインや決済までの表示画面までの画面数などを考慮して、オンラインショップのイメージに合った使いやすい物を選択した方が良いでしょう。

カートシステムは、オンラインショップの決済機能を実現するのに欠かせない物ですので、レビューサイトなどを参考にしてオススメの10選の業者から選択した方が効率的です。
デザインが豊富な業者のショッピングカートサービスを選択すれば、サイトのデザインによって変更がしやすいでしょう。

独自ドメインを使えるかどうか、デザインを変更出来るかどうかなどが業者で提供するショッピングカートの違いになってきます。
無料で使える物も多く、このようなサービスを使えば、初期コストやランニングコストを最小限に出来ますが、対応している決済手段が少なくなっている可能性がありますので注意が必要です。

決済手段の種類が豊富で、デザイン変更がしやすく、独自ドメインを使える物であれば、有料の物も検討していくと良いでしょう。

続きを読む

タマゴリピートとLP制作会社ZEROの施策は商品バカ売れする理由とは!?

LPを制作する時には、商品のターゲットとなる層が好むようなデザインと興味を持つ内容の文章コンテンツで構成する事が必要です。

HP制作会社のZERO
は、女性向けの商品を販売する時に宣伝効果を発揮する女性向けのランディングページの制作に長けています。

化粧品やサプリメントなどは、女性がよく購入する商品ですが、これらを販売している企業は非常に多いです。
その為、他社との差別化を図り、売り上げを向上させる為には、バカ売れを引き寄せる仕組みを導入しなければいけません。

リピート通販は、常連客中心に通信販売を行っていく方法であり、リピート通販用のショッピングカートサービスを提供している業者もあります。
タマゴリピートは、リピート通販を実現する為のショッピングカートシステムであり、タマゴリピートを導入し、制作会社ZEROにランディングページを制作してもらう事で、バカ売れが期待出来る購入システムの構築が実現します。

化粧品やサプリメントなど女性に人気の商品を消費者にアピールする為に、女性向けのランディングページ制作の実績が豊富なZEROのような会社のサービスを使う事は効果的であり、タマゴリピートのようなショッピングカートシステムを導入すれば、リピート通販を意識しなくても、リピート通販を実現出来るというメリットは大きいです。

オンラインショップでの売り上げ向上は、商品のイメージアップと商品自体の品質が重要ですので、オンラインショップの機能の充実と同時に行っていくと良いでしょう。

続きを読む

バナー広告最適化はABテストにあり!

ABテストとは、AパターンとBパターンの2種類を用意し、入稿前に比較してどちらが効果的であるかチェックするテストのことを言います。バナー広告は動画になっているものも多く、静止画だけでは判断しづらいことがあります。そんなときにABテストを実施することで、好印象を与えられるデザインを選択することができ、バナー広告の効果を最適化することができます。特にFlashで作られるような細かなアニメーションができるものときに有効な手段です。しかし2パターン用意することでどちらかの案はボツになってしまいます。その分制作費用がかかってしまいますので、あまり予算がないときは1パターンに注力したほうが良いこともあります。バナーの効果を最適化するのにはデザインも大切ですが、入稿する媒体や大きさを検討することも大切です。同じページ内でもクリックされやすい場所というものがあり、設置した場所によっても広告効果は異なるためです。一般的に画面上部のページを開いたときに表示されるエリアが最もクリック率が高く、次いで左右にある300×250などのブランドパネルと呼ばれるタイプのバナーがクリック率が高くなります。画面をスクロールしないと表示されないようなバナーや、ページの下部にあるバナーはユーザーの目につく確率が大きく下がってしまいます。その分掲載費用は安くなりますが、短期間でたくさん人を集めたい場合は目立つところに入稿したほうが良いでしょう。

続きを読む

DMを送るメリットとは|化粧品ビジネスで勝つ

毎日過ごしているオフィスや家には、毎日といって良いほど、さまざまな「DM」が届きます。
会員登録している飲食店や電気量販店、銀行などの金融業者や健康食品などなど。
また、化粧品のサンプルを取り寄せた後にも必ずと言っていいほど届きますよね。

化粧品会社側の気持ちを考えると正直、ホームページやスマホのアプリでお客さんを引き寄せる方が、コストもかからないし集客率がいいのでは?なんて他人事ながら思ってしまうのですが、なぜまだそんな宣伝のやり方が通用するのでしょうか?
いったいDMを送るメリットって本当にあるのでしょうか?

スマホやネットでの売り込みは、会社側からすると常に『受け身』。お客さんが来てくれる準備をして、ひたすら待つことしかできません。
でも、DMは『攻める』事ができるんです。
届く側の意向を気にせずに、送りつけることで、受け取った人はついつい目に入って読んでしまう。

チラシのポスティングなども同じやり方ですが、チラシだとすぐにポイッと捨てられる確率が高く、いまいちメリットがありません。

大きさといい、紙の厚みといい、また開封する楽しみなどもあったりして、見てもらえる確率がかなり高いという事が言えます。

この時代、ネット社会だからとアプリなどの集客に偏ることなく、こういったアナログ的な方法でお客さんを確実につかんでいく事で、大手の化粧品会社に負けることなく、勝ち続けている会社がたくさん存在しているんです。

続きを読む

ランディングページって無料で作れるツールってあるの??

企業や個人のWebサイトには、SEO対策を行う事が一般的になっています。

特に、企業は商品やサービスの売り上げがサイトのアクセスと比例しますので、検索結果ページの上位に表示されるようになる必要があります。

SEO対策には、色々な手段が用意されていますが、ランディングページを用意する事によって、オンラインショップに随時SEO対策の新しいテクニックを適用しなくても、誘導する事が出来ます。

ランディングページは、一ページである事が一般的であり、この一ページにSEO対策などのテクニックを盛り込んでいきます。

LPを作成する為には、専用の作成ツールを使うのが良いでしょう。

無料で公開されている事もありますので、無料のツールを最大限に活用して、LPを制作しても良いでしょう。

制作ツールには、SEOで使うキーワードなどを一元管理出来る機能やサイトの背景色やロゴの色を変更する為のカラーピッカーなど便利な機能が多数用意されていますので、これらの機能を使って、効率的にページをデザインしたり、調整したりする事が出来ます。

LPには、高性能な機能を搭載する必要がありませんので、商品の魅力を消費者に伝えるように説明を詳しく、長くなり過ぎないようにして文章を書いていく事が必要です。

ホームページ制作を導入する事によって、商品やサービスの宣伝を行い易くなり、制作アプリケーションは、制作だけでなく、キーワードやコンテンツの管理にも役立ちます。

続きを読む