バナー広告最適化はABテストにあり!

ABテストとは、AパターンとBパターンの2種類を用意し、入稿前に比較してどちらが効果的であるかチェックするテストのことを言います。バナー広告は動画になっているものも多く、静止画だけでは判断しづらいことがあります。そんなときにABテストを実施することで、好印象を与えられるデザインを選択することができ、バナー広告の効果を最適化することができます。特にFlashで作られるような細かなアニメーションができるものときに有効な手段です。しかし2パターン用意することでどちらかの案はボツになってしまいます。その分制作費用がかかってしまいますので、あまり予算がないときは1パターンに注力したほうが良いこともあります。バナーの効果を最適化するのにはデザインも大切ですが、入稿する媒体や大きさを検討することも大切です。同じページ内でもクリックされやすい場所というものがあり、設置した場所によっても広告効果は異なるためです。一般的に画面上部のページを開いたときに表示されるエリアが最もクリック率が高く、次いで左右にある300×250などのブランドパネルと呼ばれるタイプのバナーがクリック率が高くなります。画面をスクロールしないと表示されないようなバナーや、ページの下部にあるバナーはユーザーの目につく確率が大きく下がってしまいます。その分掲載費用は安くなりますが、短期間でたくさん人を集めたい場合は目立つところに入稿したほうが良いでしょう。

続きを読む

DMを送るメリットとは|化粧品ビジネスで勝つ

毎日過ごしているオフィスや家には、毎日といって良いほど、さまざまな「DM」が届きます。
会員登録している飲食店や電気量販店、銀行などの金融業者や健康食品などなど。
また、化粧品のサンプルを取り寄せた後にも必ずと言っていいほど届きますよね。

化粧品会社側の気持ちを考えると正直、ホームページやスマホのアプリでお客さんを引き寄せる方が、コストもかからないし集客率がいいのでは?なんて他人事ながら思ってしまうのですが、なぜまだそんな宣伝のやり方が通用するのでしょうか?
いったいDMを送るメリットって本当にあるのでしょうか?

スマホやネットでの売り込みは、会社側からすると常に『受け身』。お客さんが来てくれる準備をして、ひたすら待つことしかできません。
でも、DMは『攻める』事ができるんです。
届く側の意向を気にせずに、送りつけることで、受け取った人はついつい目に入って読んでしまう。

チラシのポスティングなども同じやり方ですが、チラシだとすぐにポイッと捨てられる確率が高く、いまいちメリットがありません。

大きさといい、紙の厚みといい、また開封する楽しみなどもあったりして、見てもらえる確率がかなり高いという事が言えます。

この時代、ネット社会だからとアプリなどの集客に偏ることなく、こういったアナログ的な方法でお客さんを確実につかんでいく事で、大手の化粧品会社に負けることなく、勝ち続けている会社がたくさん存在しているんです。

続きを読む

ランディングページって無料で作れるツールってあるの??

企業や個人のWebサイトには、SEO対策を行う事が一般的になっています。

特に、企業は商品やサービスの売り上げがサイトのアクセスと比例しますので、検索結果ページの上位に表示されるようになる必要があります。

SEO対策には、色々な手段が用意されていますが、ランディングページを用意する事によって、オンラインショップに随時SEO対策の新しいテクニックを適用しなくても、誘導する事が出来ます。

ランディングページは、一ページである事が一般的であり、この一ページにSEO対策などのテクニックを盛り込んでいきます。

LPを作成する為には、専用の作成ツールを使うのが良いでしょう。

無料で公開されている事もありますので、無料のツールを最大限に活用して、LPを制作しても良いでしょう。

制作ツールには、SEOで使うキーワードなどを一元管理出来る機能やサイトの背景色やロゴの色を変更する為のカラーピッカーなど便利な機能が多数用意されていますので、これらの機能を使って、効率的にページをデザインしたり、調整したりする事が出来ます。

LPには、高性能な機能を搭載する必要がありませんので、商品の魅力を消費者に伝えるように説明を詳しく、長くなり過ぎないようにして文章を書いていく事が必要です。

ホームページ制作を導入する事によって、商品やサービスの宣伝を行い易くなり、制作アプリケーションは、制作だけでなく、キーワードやコンテンツの管理にも役立ちます。

続きを読む

LPのアクセス解析はアナリティクスで本当に十分?

ネット上で消費者に自社製品をアピールする手段として活用されているランディングページは、表現によってアピール力が変わってきます。

ランディングページのコンテンツの大部分を文章で占めており、その為、文章に使うキーワードは、製品に関連性があって、一般的に使われている言葉であるビッグワードと共に織り交ぜて文章を構成していく事が大切です。

アクセス解析を行う時には、色々なツールがありますが、最も良く使われているのがアナリティクスです。

このツールは、検索エンジンメーカーが開発したアクセス解析ツールですので、検索エンジンへの最適化の度合いが良く分かります。

アクセス解析を行うのは、アナリティクスで十分であると言えます。

LPを検索エンジンに最適化していく為には、アクセスしてきた人々がどのようなキーワードで検索を行ってきたのかを把握しなければいけません。

解析ツールを使えば、そのような状況がよく分かりますので、LPの検索エンジンへの最適化を十分に図る事が出来るようになります。

検索エンジン対策は、WebサイトやブログやSNSなどでも行われているポピュラーなテクニックですが、逆にこのテクニックを使わなければ、検索結果ページへの上位表示は難しくなる事になります。

アナリティクスには、分析を行う為の項目が多数含まれていますので、様々な角度から分析を行って、LPをより効果の高い道具として育てていく事が可能です。

アクセスしてくる人々の行動分析を行う事で、宣伝効果を最大限に上げていく事が出来ます。

続きを読む

ランディングページってSEOに不利って本当?

広く知ってもらいたい情報をひとまとめにできるランディングページについて、ときおりSEOには不利であると断言する人が登場します。彼らは、LPを作成した経験を有してなおかつSEOに不利であることを痛感した張本人である場合がほとんどです。しかしながら、詳しく話を聞いていると彼らの取り組み方に問題がある可能性が否定できなくなります。

ホームページの内容を組み立てていく過程では、テキストの文字化けという現象に悩まされることが少なくないです。LPにアクセスするために用いた環境次第では内容を正確に理解することがままならなくなってしまうので、コンバージョン率の低下に直結する問題と言えます。これを回避するために広く知られている方法は、テキストの内容を画像化してランディングページに貼り付けることです。画像データであればどのような端末であっても内容を正確に確認することが可能になるので、多数派の製作者が積極的に取り入れている方法というわけです。ところが、画像データで問題回避を行うとSEOに不利になります。今日の技術水準では画像データで確認できる文字の内容を解析することができないので、該当部分が検索結果に反映されることがないからです。安直に問題回避をしたばかりにアクセス数を激減させるきっかけを作ってしまうことになり、この事象が発生して頭を抱えることになった人はLPを有効活用することに苦言を呈することが多いです。

続きを読む

【完全保存版】売れまくるランディングページの作り方

こんばんわ!きょーへいです!

 

いよいよ明日は年越しですね!!

なんで、今日が今年最後の記事になりますので、

かなり気合入れて完全保存版で売れまくるランディングページ制作についてご説明させていただきますね!

 

消費者のうちの誰かに有益な商品を世の中に登場させるのみならず、

ランディングページの作り方を知って開設に至るまでの活動を実行に移すと当該品が売れまくる結果が期待できます。

 

LP内部に施す色彩に気を配ることはもちろん大切なのですが、

より重要視するべきはランディングページに含むテキストの内容を消費者の心に届くようにすることです。

売れまくるLPを作成するときには、手始めとして消費者が現状に対してどのような不満を持っているのかを分析します。

 

その結果、文章で表現されることによって己の至らなさを痛感させる文言を考えながらテキストを作ります。

 

可能であれば人の心を動かすためのノウハウが網羅された書籍を参考にしながら、独自の文章の作り方を構築していくことが肝心です。

 

同じ内容の話を何度も繰り返されてしまった人は、その詳細が頭の奥底に深く刻まれます。

 

この仕組みをランディングページの作り方に応用することができるので、積極的に取り入れるべきです。

 

やり方はいたってシンプルであり、結論から書くと序盤に作成したテキストの内容をLPに複数回掲載することです。

 

作成者からしてみればくどいと感じる頻度の高さでテキストを配置することによって、閲覧した消費者は重ねて己の至らなさを認識していきます。

 

最終的には現実の自分をより良くするためには紹介されている商品を購入しなければならないと考え始めるので、作成物が売れまくる基盤になります。

 

ただ、実際にはリスティング広告を回してABテストを繰り返していかないと本当に売れるランディングページはできません。

運用をしてテストを繰り返し続けることにより、運用型の最強に売れるランディングページが手に入ると考えていただければと思います。

 

これからランディングページ制作をする方は一度、ランディングページ制作の考え方を見てから決めるといいでしょう。

 

以上となります。

 

今年は本当にお世話になりました。

来年度もより良い記事をご提供していきますので、

来年もどうぞ宜しくお願いします( `ー´)ノ

 

※こちらの記事を読んでいただけると更にランディングページ制作について詳しくなれると思います。

 

?海外のランディングページってすごくシンプルなのはなぜ?

?なぜ日本のランディングページはこんなに派手なのか?

?レスポンシブデザインのランディングページってぶっちゃけどうなの?

 

PS.来年はみなさまにとって、良い一年になりますように。

良いお年をお過ごしください( `ー´)ノ

続きを読む

レスポンシブデザインのランディングページってぶっちゃけどうなの?

こんばんわ、水野です。

 

いよいよ年末で年越しも近づいてきましたね〜

 

今年はどんな年でしたか?
ゆく年、くる年、いい年にしたいですね!

 

さて、今日はレスポンシブデザインについてぶっちゃけどうなのか?

ってことをお題にお話しさせていただきますね。

 

パソコンでもスマホやタブレットでも、表示されるデバイスに央してサイトのデザインが適切に表示することで、ユーザーアビリティを上げることは確かです。

 

現にレスポンシブ対応のページかどうかで検索結果に影響を与える仕様に既になっているため、サイト運営者は積極的に取り入れていくべきです。

 

ランディングページにおいても当然当てはまります。むしろ、ランディングページこそレスポンシブ対応にすべきといえます。

 

LPはあなたが売りたいと思っている商品を扱う非常に重要なページです。

 

収益が発生するかどうかは、このLPの出来次第ともいえます。

 

そこでポイントになってくるのが検索順位です。検索してきたユーザーが検索結果の1ページだけを判断してクリックする割合は、およそ50%程度と言われています。

 

では残りの人達はどんな行動をするのか。単純に2ページ目に移動したと思いがちですが、この数字の中にはクリックせずに離脱したり、広告をクリックしたりといった行動も含まれています。

 

1ページ目よりクリックされる割合は低くなると思って間違いありません。これがスマホでの検索となると、さらに顕著となります。

 

つまり、今後も継続的に収益を生むLPにしてくための必須の条件として、検索順位がますます影響してくるのです。

 

レスポンシブが検索順位に影響するのであれば、すぐにでも対策を講じて、一つでも順位を上げる施策をしなければ、売れないページになってしまう可能性は十分にあるのです。

 

Googleは今、レスポンシブデザインを推奨しているので、

どこかのタイミングでリニューアルするときはレスポンシブデザインがいいかもしれませんね。

 

?レスポンシブデザイン対応のランディングページ作成はいつでもこちらにご相談ください。

 

———————————————————–

※こちらの記事を読んでいただけると更にランディングページ制作について詳しくなれると思います。

?海外のランディングページってすごくシンプルなのはなぜ?

?なぜ日本のランディングページはこんなに派手なのか?

?カラフルなランディングページはコンバージョン率が高いのか?

———————————————————–

 

 

PS.ちょっとしたコツでランディングページでもSEOに強くできるので、お困りであればいつでもご相談くださいね。

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました( `ー´)ノ

 

from 大阪天王寺駅周辺のマクドナルドにて。。。

続きを読む

ホームページはストーリー次第で【10倍以上の成約率に変身!?】

こんにちわー!

今朝、3歳の愛息子のおむつを取り替えて、うんちが手に少しついちゃったケンゾーです。。。

 

今日はWEB集客で最も重要な成約率について、お話ししますね。

 

実のところ、成約率ってWEB集客で一番重要だと思いませんか?

成約率が高ければ広告費は最低限で済むので、そのうえでアクセスを集める施策をしていくのが一番合理的だと思いませんか?

 

新たにビジネスを始めるときは、過去に成功した事例を多くは参考にします。

 

ランディングページ(LP)におけるノウハウを採用していけば、成約率を早いうちから格段にアップさせるような方向性を見出すことにもなるわけです。

 

ビジネスの世界は需要や趣向がスピーディーに変わっていくため、常に先を見据えた対応をとることが求められます。

 

インターネットビジネスには欠かせないランディングページ(LP)をフル活用して、チャンスがある限り最後の最後まで粘り強い対応をしていくことが重要な内容となるのです。

 

その一方で工夫をする箇所を自らで見つけるということは、難しい内容が多いという意見もあります。詳細をじっくりて研究して、傾向を掴むことがコツになるのです。

 

日々刻々と変化する状況に適応させるためにも、世界情勢の動向も欠かさず見ていく方向性が大事になります。以上のことより、成功を収めている方の多くはすでに今述べたような内容を実行していると見てよいのです。
小さな個人経営のインターネットショッピングにおいては、成約率を上げるには強い関心を持ってもらう必要があります。

 

ブログを開設して商品の魅力や用途を説明するなどの工夫を凝らしていくことで、それに伴う魅力を前面に出す方向にもつながり、最終的にはメリットと呼べる部分を増やすかたちとなるわけです。

 

質の高いサービスを提供し続けることで、ランディングページ(LP)の要素と同様、価値を上げることに成功します。

 

じゃ、どうやって成約率を高めればいいのか?

 

実はそれって、難しいようで、とても簡単なことなんです。

時間をかけて考えれればとても簡単。

 

検索ユーザーに対しての完璧に売れるストーリーを作り上げれれば言い訳です。

 

そこで重要なことが、売れるストーリーを脚本・演出できるホームページ制作を考えてればいいだけです。

 

そのためにはコピーライティング力がモノを言います。

もしコピーライティングや売れる企画構成に本当にお困りであれば、

ダイレクトレスポンスマーケティングの本を読むといいですよ。

 

PS.売れるランディングページ制作なんて簡単だよ( `ー´)ノ

 

FROM 大阪飛田新地前のドトールより。

続きを読む

ホームページ作成に必要なHTMLの基礎知識

こんばんみー!

二日連続で記事アップしまくるミズです。

1年で一番辛いクリスマスを乗り切ったのでここから年内まであと少しなので、頑張ってブログ5記事はアップしたいですね!w

 

さてさて、今日の記事は昨日の書いた記事のホームページ制作に必要なCSSの基礎知識をまだ読んでないかたは読んでから本記事を読むといいかもしれません。

 

本日のお話はズバリ、HTMLの基礎知識についても説明していきますね〜

 

あなたが普段ブラウザで眺めているホームページはHTML(HyperText Markup Language)と呼ばれるマークアップ言語でできているはご存知でしょうか?

 

これはとても簡単に書くことが可能であり、たとえほとんど知識を有していなくてもいこれから説明する知識である程度のホームページは作れてしまします。

 

とはいえ、これだけでは普段閲覧しているようなスタイルのサイトは作れないのですが、こちらは割愛します。

 

特徴は、文章の特定要素にリンクを記述しておけばユーザーエージェントがそれを解釈して指定したほかの文章を表示することが出ます。

 

また、画像の挿入や、引用、文章のタイトルとして認識させ表示させることが可能です。文章中に意味を付け加える要素の大部分は開始タグと終了タグの間に追加したい部分を記述することで成り立っていて、開始タグ、終了タグはそれぞれ<要素名></要素名>といった単純なつくりになっています。

 

とはいえ例外があるわけで、meta要素やbr要素、img要素といった1つのタグだけからなるものもあります。

また、HTMLを書く際に気をつけたいのが、はじめに必ず最初にと記述しないといけないことです。

 

こうしなくてはいけない理由は、この文章はHTMLで書かれてますよと宣言しなくてはいけないんですね。ここで紹介した要素はごくごく一部ですのでウィキペディアなどで眺めてみてはいかがでしょうか。

 

これらの点に注意すればあなたも簡単にホームページをつくることができるでしょう。

 

試しにアプリケーションのメモ帳とロリポップなどの格安サーバーを使って、練習をしてみるといいでしょう!

 

コーディングってSEOにも影響してくるからWEBマーケティング上、非常に大切なんですよね。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました〜!

PS. HTMLでわからないことがあればいつでもBLOSXOMの門を叩いてください(*^_^*)

 

from 大阪の梅田駅の東口のスターバックスより。

ホームページ制作の株式会社ZERO

続きを読む

ホームページ制作に必要なCSSの基礎知識

こんばんわ。
プログラミング・コーディング担当のミズです。

僕が一年で最も嫌いな日。そうクリスマスです。
まったく予定がありません泣。

そんなわけで今日はクリスマスということを忘れて、
ホームページ制作をする際のCSSの基礎知識についてお話します。

ホームページを作成するにあたって、
htmlファイルとcssファイルを分離し、CSSのみでデザインを行うと、
後からリニューアルしやすくなりますし、またSEOの面でも優れたウェブサイトを作ることが出来ます。

では、CSSを使ったホームページ制作に必要な知識とはどのようなものかというと、
まず、どういう風に設定すればウェブサイトにスタイルシートを適用できるのかを知っておくといいでしょう。

htmlには様々なタグが存在します。
たとえば、htmlファイルに必ず出てくるタグにbodyというものがあります。bodyのタグで括られた部分はウェブサイトの表示部分ということになります。

スタイルシートは、それぞりのタグに対して有効なデザインを設定することが出来るので、
たとえば、bodyに対して背景の色を黒くするという設定を行うと、ウェブサイトの背景色は黒になるわけです。

このように、タグに囲まれた部分をデザインしたい場合は、タグに対してその設定をすることで可能になるわけです。

これがもっとも基本の知識と言えます。
また、cssファイルは必ずしもhtmlファイルと分離する必要はありません。

htmlファイルの中にcssの設定を書くことも出来ます。
この場合は、headというタグで囲まれた部分に記載することになります。

ただ、後でメンテナンスをしやすいようにするには、分離しておいた方がいいです。
そうすれば、CSSファイルの設定を変更するだけで、
そのファイルを読み込んでいるすべてのhtmlファイルのデザインを変更することが出来るからです。

CSSやコーディングのことでわからないことがあれば、
いつでもミズ宛てにお問い合わせくださいね。

→ホームページ制作のお問い合わせはこちらからどうぞ

 

次のエントリーを読むとよりホームページ制作についてより詳しくなります。

ホームページ制作のデザイン配色についての記事はこちら

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ミズ

続きを読む