海外のランディングページってすごくシンプルなのはなぜ?

うぃーっす!メリークリスマース!

良い子の皆さんはクリスマスプレゼントはもらえたかな〜??w

 

僕は子供に今日のクリスマスの夜にプレゼントをあげるため、

昨日密かにお台場のトイザラスで機関車のレールセット8000円を奮発して購入!w

 

子供の喜ぶ姿を見るのが楽しみだぜぃ〜?

 

と、私の話はここまでで、

今日は昨日のなぜ日本のランディングページはこんなに派手なのか?に続き、

なぜ、海外のランディングページはシンプルなのかを追求していきたいと思います。

 

革新的なアイデアがたくさん凝縮された一品が販売開始されたなどとニュースで流れても、

よく見てみると従来のノウハウの寄せ集めでしかないケースがままあります。

 

それを当然のように未公開の技術であると宣伝されていても、

見た人の心には何も響くものがありません。

 

いくら宣伝活動に心血を注ぎ込もうとも、

特に目新しくもない多数の情報に目を通すと消化不良を起こしかねません。

 

そうした事情を海外の実業家はよく理解しており、

結果としてランディングページはシンプルなものばかりが存在しています。

 

 

海外のLPには、商品の外観写真と詳細スペックのみが紹介されているだけのものも珍しくはありません。

あまりにもシンプルすぎるため、製作途中のLPが手違いで公開されてしまったのかなどと考える人も出てくるほどです。

 

ところが、そのようなランディングページはれっきとした完成品です。
何かしらの商品のLPにアクセスした人には、少なからず同一ジャンルの製品に興味を持っていることが考えられます。

 

ですから、消費者の問題解決を促す前置きや長々とした商品説明などの作成に神経を使わなくても、ランディングページを見て購入意欲が湧けば必要な手続きを始めてくれます。

購入直前に最低限知っておきたいことだけがシンプルにまとめられていれば、情報を取捨選択する必要性がなくなります。

無駄な残業を省きたいと強く願う傾向にある海外の実業家は、宣伝でも簡素なデザインを好みます。

 

いろいろ、海外の実業家にも聞いて、今回の記事をライティングしているのですが、

やはり海外の方にいろいろ聞くたびに、日本のモノづくり精神はすごいな〜と称賛してしまいます。

 

日本のクリエイティブは世界でもトップクラスかもしれませんね。

中国のECとかでも、日本のランディングページを作れば商品も売れると思います。

まあ、なにかお困りごとがあればいつでもお気軽に、僕にご相談ください。

 

→ランディングページのご相談はこちらからどうぞ

 

では本日も最後までお読みいただき感謝

素敵なクリスマスを!

続きを読む

なぜ日本のランディングページはこんなに派手なのか?

うぃーっす!ライターの春です!

今日はLPO部長である春みずから、なぜ日本のランディングページはこんなにデザインが派手なのか!?についてお話ししたいと思います。

 

日本には奥ゆかしさを美徳とする慣習が根強い一方で、ランディングページは派手であるべきという概念が浸透しています。

 

LPが派手になり始めた時期を特定すれば、その理由が明らかになります。

今日では多種多様な宣伝媒体が登場しており、

ランディングページはその一端を担っているに過ぎません。

 

数ある宣伝手法から頭一つ分飛び出すためには、

他を圧倒するだけの印象を見た人に植え付けることが急務となります。

 

ちょうどマスメディアの運営には欠かすことができない広告産業がインターネット広告の規模に抜かされようとしていた時期には、両手の指でも数え切れないほどの手法が登場していたことになります。

 

そのうちの一つとしてLPの登場しており、日本では効果的な宣伝を行った企業や個人のみが成功を収められると言っても過言ではない状況となりました。

 

そんな中、ランディングページを作成する人びとは一つの結論に達し始めます。それは、日本において派手なLPを見てもらうことが成功に直結するということです。

 

体面的に商品の良さを伝えられないというハンデを抱えている宣伝手法においては、一目で印象に残るデザインのものを作成しなければ顧客になってくれる人は少ないです。

 

そのため、根本的には奥ゆかしさを大切にしている国民性を持つ人びとが一念発起して新たな扉を開くに至ったというわけです。

そして、現在のような決して地味と言い切ることができない作品が次々と出来上がっています。

 

私自信がZEROのLPO部長として、今まで300社以上のLPを制作してきましたが、

やはり、派手なほうが売れる傾向があります。

 

その理由は簡単。

派手ということは良く言えば、イメージが伝わるということになります。

 

そのため、文章が少なくても、イメージで訴求ができるランディングページが読まれやすく、結果として、買われやすくなるのは当然だと思います。

そういった意味では日本のランディングページ業界は世界でも一歩最先端かもしれませんねw

 

ランディングページ制作でお困りであればハル自らコンサルするので、

こちらにお気軽にお問い合わせください。

→ランディングページのお問い合わせはこちら

 

本記事の続きはこちらをご覧くださいませ。

海外のランディングページってすごくシンプルなのはなぜ?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

 

続きを読む

ホームページ制作のデザイン配色について

こんにちは、WEB制作担当の春樹です。

12月もすでに21日です。
今年も残り10日で終わりです。

私ごとですが、僕、稲益春樹は本日で2○歳を迎えました。

昨日、友人と誕生会をかねて仮装パーティを開催しました。

仮装(コスプレ)をすると気分が変わりますね。

当社のクライアントの先生や受付さんまできていただき
サンタクロースの衣装でかっこよくキメていただきました。

僕はドラゴンボールのベジーターの仮装でしたが、
筋肉モリモリのタイツを着てちょっと強くなった気分でした。

仮装など衣装を変えるだけで周囲からの視線はもちろんですが
自分の気持ちも変わるものです。

さて、ここからホームページの色合いについての話に移ります。

ホームページのイメージを決める要素としては、画像やレイアウトや配色があります。

これらの要素をうまく纏める事によって、ホームページのデザインは良いイメージを生み出す事になります。
デザインの中でも、配色パターンを考慮して色を決めていく事は大切です。

寒色系であれば、冷たい印象を生み出しますので、夏場の海に関連するキャンペーンサイトなどで使うと適しています。
緑系であれば、自然のイメージを生み出せますので、森林などのモチーフを引き出したい時に良いでしょう。
暖色系であれば、華やかな印象を引き出せます。

暖色系を利用する事によって、温かいイメージも作り出せます。
このように、色々な配色パターンを変更していく事によって、多彩なホームページのパターンを生み出せますので重宝するでしょう。

色を決める時には、予め、モックアップを作っておきますと完成時のWebページの印象を決めやすくなります。
企業サイトであれば、企業のカラーやコンセプト、ブランドの内容などで色を決めていくといった方法があります。

この方法であれば、一目でサイトに訪れた人々が企業をイメージしやすく、サイトの完成度を上げていく事が可能です。

企業サイトは、ネットユーザーに認知してもらう事で商品を購入したり、サービスを利用したりしてもらえますので、
色とレイアウトは大切な要素となってきます。

キャンペーンやシーズン毎に色を変えていくのも、プロモーション面で有効でしょう。

PS 結局はコスプレと一緒で、ホームページもイメージを変えるとと気分が変わるので、問い合わせの増加や従業員、ユーザーへの士気を高めることにもつながると思います。

from 博多駅のスターバックスより。
ホームページ制作の株式会社ZERO

続きを読む

カラフルなランディングページはコンバージョン率が高いのか?

こんばんみー。

毎日子供の送り迎えとおむつを替えているハルです。

 

今日は僕が一番得意なランディングページについてお話しします。

ズバリテーマは、カラフルなランディングページのCVRについて、

お話ししますね!

 

ランディングページのコンバージョン率を上げるのは至難の業であると言わざるをえないと感じる人もいれば、いとも簡単に目的達成できると実感する人がいることも事実です。

この両者の明確な違いは、カラフルなランディングページを作成しているかどうかです。

 

カラフルなランディングページに共通的なこととして、色彩に富んだデザインであることが多くあります。

世間にはさまざまな種類の色が存在しているのですが、その一つひとつには根強いファンの存在を確認することができます。

 

したがって、カラフルなデザインのLPにアクセスした人によってはページの雰囲気に好意的な印象を持ちます。

そのような人たちのアクセスが重なった結果として、LPのコンバージョン率が急激に上昇するようになるというわけです。
たまたま目で確認する機会を得た商品に特別な思い入れがなくても、長期的に眺めているとだんだん興味が湧いてくることがあります。

LPに限って言えることですが、どれだけ長い時間ページに滞在してもらえるのかを考えることによってコンバージョン率の上昇が期待できます。

 

そのためのきっかけとして、色彩に富んだデザインを適用しておくことは有意義です。

もしもページ内で多用されている色を気に入った人がアクセスした場合には、

好意的な印象を強く持ってもらえるようになるので興味が薄くても自発的に商品を見ることになります。

 

そうしていくうちに購買するか否かを考えるようになり、その人にとって絶好のタイミングなら購入してもらえます。

 

PS

300社以上のLPを作ってきた感想として、

やはり色合いは超重要です!

テーマカラーも超重要なので、ABテストとかもしたほうがいいと思います!

これから制作・運用する人は必ずABテストを行いましょうね!

 

ちなみに次のエントリーも読むとすごく勉強になるので、

お暇な方はどうぞ。

 

僕にコンサルしてほしーって思った人はこちらからお問い合わせくださいねw

 

 

 

では本日も最後までどうもありがとう!

今年もあとわずかなので、仕事をしっかりやり切って

年明けに備えましょうね!!

続きを読む

ランディングページを作る上での考え方とは

毎日毎日、子供のオシメを変えてる編集部のハルです。
どうも!今日は、制作の考女心をくすぐるランディングページえ方についてコラムを書きますね ^^) _旦~~

女心をくすぐるような広告は、ヒット商品を生み出すようなエッセンスを兼ね備えているという見方があります。女性をターゲットにしている製品が多い中、LP(ランディングページ)を上手に活用していくことで注目度を格段にアップさせる方法にも結び付けることができます。

また季節限定の製品を用意することで、一過性のブームを継続させるような方向性も見えていくことになります。インターネットでショッピングをする人が増えた時代だからこそ、LP(ランディングページ)における価値が見直されているのです。

その一方で作る側に求められる内容は、時代に即したエッセンスを織り込むというものです。複数回閲覧しても好感を持ってもらえるようなレイアウトを心掛けることが重要であり、口コミサイトへ働きかける意識も必要となります。

それに加え根本的な考え方を改める決意をする可能性もあり得るため、いろいろな角度から研究をして自分たちにとって理想的な環境を構築していくことが大切なのです。

ゆえに考え方次第でビジネスの方向性や成功率は、大いに変わっていくようになります。

それから動画付きでわかりやすいメッセージを伝えるようにした内容も注目されており、見逃せない情報であるとブログでも度々紹介されています。

購入に前向きになるような事柄を織り込ませることができれば、津々浦々の人へ情報を伝える要素も見込めるのです。したがって、作る段階からこのような内容を考慮しておくことが大切です。

ランディングページ制作でお困りなら、お気軽にご連絡ください(‘ω’)ノ

続きを読む

変わりゆくホームページの集客法

突然ですが、読者のみなさんのホームページ集客は上手くいっていますか?

失礼かもしれませんが、上手くいっている企業様は全体の2割未満だと思います。私は今年でWEBキャリア10年で通算300サイト以上のコンサルティングをしてきており、様々な案件を今まで見てきました。

その中でうまくいく会社とうまくいかない会社は大きく2つの要因があると考えられます。

まず一つ目には、どこまで本気でWEB集客をしていくのか?という心構えがある企業様が圧倒的に上手くいっている傾向が強いです。これはまず大前提ですね。

そして、二つ目は私が最も伝えたい内容なのですが、時流に乗っているかです。つまり、自分たちが販売してる業界にマッチするアプローチができているかに尽きます。

特にここ1年でホームページの集客は大きく変わりつつあります。

今までのサイトへの集客方法としては、検索エンジンからの流入が主でしたが、SNSの登場によってこの流れは変わりつつあります。SNSで拡散された記事が一日で何万ものPVを集めることは珍しくなくなってきました。また、SNSでのコミュニケーションを通じて自社商品を購入してくれたり、リピーターになってくれることも多くなっています。

つまり、サイト以外の部分で集客することによって、ホームページへと誘導することが可能になってきたのです。これはSEOに頼りきった方法からの脱却をも意味しています。検索エンジンからの流入以外のアクセス方法を確保しておくことによって、たとえなんらかの理由でペナルティを受け、検索エンジンからの流入がなくなったとしても、SNSからの流入があるため致命的な打撃にはなりにくくなります。

さらには、SNSとひとくくりにしていますが、日本ではいくつかのSNSサービスが人気を呼んでいることから、サイトへの集客アクセスを複数確保していくこともできます。リスク分散という意味では、運営の安定にも繋がるだけでなく、今以上に多くのユーザーとの接点も持つこともできるはずです。

つまり、これからのサイト運営の在り方としては、ホームページを作成して終わり、良質なコンテンツを作って終わりといったことだけでは生き残っていくことは難しい時代になってきました。SNSをうまく活用し、運営者自らが積極的にユーザーにアプローチしていく営業力も必要になってきたといえます。

今後WEB集客を本気でお考えであればホームページを作るときに一緒に関連するフェイスブックページやツイッターのアカウント構築もまとめて対応・連結してもらえるSNSで売れるホームページ制作会社に依頼することをおススメします。

続きを読む

【ネット初心者向き】ホームページの上手な活用方法とは

こんばんわ!毎日毎日、ひたすら記事を書いて徹夜してカップラーメン食べて太りまくっているミズです。
今日は意外にわかっているようでわかっていない、HP活用方法について!

※初心者向きです!

ネット環境があれば誰でも閲覧することができるホームページですが、みなさんは上手に活用できているでしょうか?もしかすると、最大限に効果を発揮できていなくて時間を無駄にしたり、目的の情報が見つからずにやきもきした気持ちになることがあるのではないでしょうか?

たとえば料理のレシピを調べるにしてもただヤフーやグーグルの検索エンジンで検索するのでは上手に活用できてるとは言い切れません。何か明確な目的があるのであればそれ専用のホームページを閲覧したほうが質、量ともに優れているのです。

そのようなサイトでは先ほど述べたような検索エンジンでは材料を検索キーワードにするのはうまくいかない場合が多いですが、専用のサイトではレシピを調べるときの検索キーワードに料理名、食材名、またNOT検索などもしやすい仕様となってます。

また、ブラウザの機能は活用できているでしょうか?ブラウザにはブックマーク、お気に入り登録といった機能があります。これらは一度あるホームページをブックマークもしくはお気に入り登録に追加すると、追加されたものが一覧となってそこから登録されているページに検索エンジンを使うことなく閲覧することができます。

このように、何か明確な調べたいジャンルがある場合ならば、ヤフー、グーグルといった検索エンジンを利用するよりもそれ専用のサイトを利用したほうが目的の情報にマッチしたものがより多く、より早く手に入れることができるでしょう。また、ブックマーク、お気に入り登録を利用することによって快適なインターネットライフを送ることができるでしょう。

意外にわかっているようでわかっていないことなので、ネタにしてみました〜

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

続きを読む