ダイレクトメール作成にかかる平均コスト

通販サイトを運営している管理人さんにとって、第二の収益に見込めるのがダイレクトメールを使った販促活動です。昔は効果があったかもしれませんが、何も購入していない人の世帯に向けてランダムに送る行為は、相手にとってプライバシーを侵害されていると思われることが多く、実際に受け取ってみた事がある方には分かるかと思いますが、あまり良い印象が残らないのが大半だと思います(企業宛ての場合は別です、効果的に送れば良い反応が返ってくることも)。ただ、一度自分がネットで通販したことのあるところからのものであれば、一度購入した商品以外にも面白いものがあったり、手書きのメッセージなど書き添えてあれば好感が持てますし、また購入してみるかな、といった気にもなりやすいものです。

このように工夫すれば効果的な収益に結びつけることができるホームページ制作よりダイレクトメールのほうが、コストは枚数を多く刷れば安く抑えられ、1万部であればはがき代含めて郵送は1枚で70円〜80円前後です。製作して印刷するコストも含めれば80万円〜100万円前後かかることになります。大企業ではなく、中規模か小規模ぐらいのお店であれば、1000枚でも十分リストにある顧客に送れるため、10万円前後で送れる計算になります。販売の仕方もそうですが、ダイレクトメールの送り方や頻度にも謙虚さがあれば、受け取った人は少なからず好感を持つようになるのは確かです。商品購入後レビューをくれた顧客や、購入後しばらく経ち、商品の旬といえる時期が来た頃など、タイミングを見計らって送ってみるのも広告戦略のうちの一つです。お店を構えているだけでなく、有効に活用していきましょう。

続きを読む

タイトルが決め手?確実に読んでもらえるDMの作成方法

“ポストに投函されるDMには、葉書を利用するケースと封筒の中に広告物を入れる2つのケースが有ります。

葉書の場合は、裏面が広告になるので、受け取った人は裏面を見て何が記載されているのかを見てくれます。

しかし、サービス利用や商品購入に至るかどうかは、内容次第となります。

一方、封筒の場合は中身を見る事なく、そのままゴミ箱に捨てられてしまうケースも多い事からも、封筒を使う場合には開封を促すための工夫が大切です。

また、葉書の場合などの場合も、少ない広告紙面の中で受け取った人に興味を抱かせる工夫が大切で有り、タイトルが決め手となって来ます。

タイトルでインパクトを与えることで、葉書はゴミ箱に捨てられる事無く、受け取った人の手元に残され、直ぐにサービス利用や商品購入に至らなくても、後にアクションをするケースを期待出来るようになります。

封書の場合は、開封させるための工夫を第一に考えることがDMで成果を作るコツになります。

開封を促す事により、中に入っている広告に目を通して貰えますが、葉書と同じく広告にもインパクトを与えるタイトルを考えることが大切です。

尚、手作り感を与えるのもHPで成果を作るコツの一つだと言われています。

手書きで宛名や住所を記載する事で手作り感を持たせることが出来るわけですが、一度に数千枚や数万枚を発送するため、手書きでは無理がありますが、手書きに近いフォントを利用する事で手作り感を作り出すことも出来ます。”

“ポストに投函されるDMには、葉書を利用するケースと封筒の中に広告物を入れる2つのケースが有ります。

葉書の場合は、裏面が広告になるので、受け取った人は裏面を見て何が記載されているのかを見てくれます。

しかし、サービス利用や商品購入に至るかどうかは、内容次第となります。

一方、封筒の場合は中身を見る事なく、そのままゴミ箱に捨てられてしまうケースも多い事からも、封筒を使う場合には開封を促すための工夫が大切です。

また、葉書の場合などの場合も、少ない広告紙面の中で受け取った人に興味を抱かせる工夫が大切で有り、タイトルが決め手となって来ます。

タイトルでインパクトを与えることで、葉書はゴミ箱に捨てられる事無く、受け取った人の手元に残され、直ぐにサービス利用や商品購入に至らなくても、後にアクションをするケースを期待出来るようになります。

封書の場合は、開封させるための工夫を第一に考えることがDMで成果を作るコツになります。

開封を促す事により、中に入っている広告に目を通して貰えますが、葉書と同じく広告にもインパクトを与えるタイトルを考えることが大切です。

尚、手作り感を与えるのもDMで成果を作るコツの一つだと言われています。

手書きで宛名や住所を記載する事で手作り感を持たせることが出来るわけですが、一度に数千枚や数万枚を発送するため、手書きでは無理がありますが、手書きに近いフォントを利用する事で手作り感を作り出すことも出来ます。”

続きを読む

ダイレクトメールを送るとどのような効果が得られるの?

ダイレクトメールが来てもほとんど読まずに捨ててしまうという人も多いと思います。しかし、そんな人でも、自分が興味がある内容がダイレクトメールで送られてきたら、思わず中を開けてみてしまうものでしょう。そしてその内容を確認してしまうものです。実はこれが最大の効果なのです。

企業は新商品を発表する場合に、まずその認知度を高めようとします。これは専門的には、製品のライフサイクルマネジメントと言われる原理に基づきます。新商品を発表した後、その商品は導入期と言われる、市場に投入し認知が高まるまでの期間が必要となります。

その後、成長期と言われる、認知が高まり売り上げが伸びていくという段階に至ります。そしてある程度認知が高まるとそれ以上売り上げが伸びない成熟期を経て、新商品などが発売されるなどして陳腐化し売り上げが加工していく衰退期に至ります。

企業は新商品を発売した後短期で売り上げを伸ばそうとするため、導入期及び成長期を出来るだけ短くして、早く成熟期に持っていこうとして広告宣伝を行います。

しかし、この広告宣伝の為に多額の費用を必要としたのでは、どれだけ導入期と成長期を短くしても利益は半減してしまいます。その為、興味が有りそうな人にダイレクトに広告宣伝を行うことで、その投資対効果を高めようとしているのです。

ダイレクトメールを送付することで得られる効果は、少ない広告宣伝費用でより多くの興味のある顧客に商品の発表を知らせることができ売り上げの向上につなげるという意味が有るのです。

続きを読む

【完全保存版】めちゃくちゃ売れるDM制作のポイント

うぃっす!編集部のNAOYANです( ゚Д゚)

私自身がもともと紙上がりだったこともあり、本日はダイレクトレスポンスマーケティングのお話です。

売れるDM制作のポイントは、まず、誰に何をどのようにするのかが明確化されていなければいけません。

どれも不透明ですと、何を言いたいのか伝わらず、集客も購買意欲も湧きません。

まずは制作の前に、誰をターゲットにどのようなサービスを提供するのかをはっきりとさせましょう。

レターもハガキサイズかA4ほどの大きさの紙面など、多様にありますが、提供したいサービスや情報がはっきりとすれば、サイズも明確化され、より効率的に提供も可能です。

そして、リストの効率的な活用も大切な要素です。

チラシのように、より多くの人に配ることはDMでは効果的とは言えません。

それどころか、配布する世帯にぴったりと合う内容ではないと逆効果になってしまうのです。

ですので、配布したい世帯にピンポイントに送るために、精度の高いリストが必要となります。

リストは、ほとんどが外部のリスト業者から入手すると思われますが、業者によってリストの精度や質は大きく違いがある場合があります。

確実なのは、複数のリスト業者を利用し、リストを比べることです。

そうすることによって、より精度の高いリストができ、より効果的なHP制作をすることが可能になります。

また、作成したリストを基にテストをすることも大切です。

テストとは、リストの一部にのみ配布し、そのレスポンス率を調べることです。

次に、リストのデータベース化、メンテナンスも必要不可欠です。

リストは生き物と言っても良いでしょう。

イベントやキャンペーンなどを利用してリストをさらに拡大、開拓も忘れずに行いましょう。

続きを読む