ネット通販でコンタクトを販売するには?

ネット通販が現代社会における買い物の主な手段になっています。
ネット通販が消費者に受ける理由の一つは、自宅に居ながら、商品の注文が出来るという事です。
オンラインショップでは、色々な商品が販売されています。
コンタクトレンズをネット通販したいといったニーズはあります。
特にカラーコンタクトは、若い世代を中心にファッションアイテムとして人気があり、様々なタイプのカラコンが販売されています。
オンラインで商品を販売したいのであれば、オンラインショップを開店するのが良いでしょう。
オンラインショップを開店する方法としては、オンラインショップモールのサービスを利用するのが手軽ですが、CMSサービスを利用すれば、テンプレートで自由にデザインができ、各商品や新着情報などの記事コンテンツを管理画面で一元管理出来ます。
その為、長期的にオンラインショップを運用していく際にも便利であり、サイトのリニューアルを行う時には、記事コンテンツの整理とテンプレートのデザイン変更を行うだけで済みます。
コンタクトは、様々な国々で作られており、安く売りたい場合には、安く作っている国で仕入れるのが良いでしょう。
また、消費者が商品を選びやすくなるように、商品の一覧を画像を使って、綺麗なレイアウトを心掛ける事も必要でしょう。
店のコンセプトをサイトに反映させる事も大切な要素です。
顧客が安心して商品を購入出来る環境を整える事で、長期運営が実現出来ます。

続きを読む

【注意】ネット通販利用時の個人情報取扱方法

現代社会では、消費者の多くがオンラインショップを利用する事が多くなっています。

その理由は、自宅に居ながら、様々な商品を見て注文する事ができ、複数の店を短時間で見て回って、商品を購入出来るからです。

消費者にとっては、とても利便性の高い仕組みですが、オンラインショップを運営している企業や個人は、ネット通販を成功させる為には、個人情報の取り扱い方が問題になってきます。

近年、個人情報が漏れるといった事件が多数起こっており、中にはサイバー攻撃によって生じたサーバの脆弱部分を突いて、情報が流出するといったケースも出てきています。

個人情報が流出した事が新聞などで載せられますと、それだけ、オンラインショップを運営している企業にはイメージダウンに繋がってしまいます。

しかし、迅速に対応を行わなければ、より深刻な事態に陥りますので、ネット通販における個人の情報の取り扱いには十分な配慮としっかりと管理出来る仕組みを構築しておかなければいけません。

特に、クレジットカード情報などは悪用される事も考えられますので、クレジット決済システムは重点的に強化を図っていく事が必要です。

また、サービスを展開する時には、ユーザーに利用規約などの同意をしてもらう為のフォームを用意しておくと良いでしょう。

個人の情報をメルマガやダイレクトメールを送るといった事に使う場合にも、その事をユーザーから同意を得なければいけません。

非常に細かな事ですが、通販のホームページを作り、ショップを長期間運営していく為にも、ショップのイメージが悪くならないように迅速な対応を心掛けていくべきです。

続きを読む

化粧品のランディングページについて

〜謹賀新年〜

 

あけましておめでとうございます!水野です

 

いやー無事に新年とうとう開けちゃいましたね。

年末は家でゴロゴロしながら、ボブサップ対曙戦を見て、魔娑斗対キッド戦を見てゆっくりしていました。

(特に山本キッドの戦い方のやる気の無さが微妙でした。。。)

 

それにしても、年末の格闘技はなんかパッとしなかったな〜。。。

10年前の格闘技ブームの時に戻ってもらいたいですね。

 

さてさて、本題に入りますが、

今日は新年一発目なので、化粧品のランディングページについてお話ししますね!

 

ランディングページは、企業がオンラインで商品を売っていく際に、商品の魅力を伝える販促手段として効果的な仕組みです。

 

知っておいて損の無い化粧品向けのLPの代表的なデザインとしては、レスポンシブルデザインを採用した縦レイアウトです。

 

化粧品を販売する上で重点的に宣伝していく内容としては、商品の効能や成分があります。

 

メーカーや商品によって、効能や成分は大きく変わってきます。

 

その為、他社との差別化を図るには、消費者が理解やすい表現を使って、適切な説明を心掛けて文章コンテンツを作り上げる事が大切です。

 

近年では、スマートフォンなどのモバイル端末でWebページを見るケースが多いですので、縦レイアウトはLPのデザインとしては優れており、効果的です。

 

タッチパネルなどを操作する時には、縦スクロールを行う事が多いですので、ランディングページを縦レイアウトにしておきますと、ユーザーにとって読みやすい環境を構築出来ます。

 

画像や説明文を使って説明を行っていきますが、商品名や成分名や効能に関するキーワードを適度に盛り込んでおく事で、検索エンジンへの最適化を図る事が出来ます。

 

検索結果ページの上位に表示されますと、それだけネットユーザーにLPの存在を認知してもらえ、ランディングページを読んでもらえる機会が増える事になります。

 

ランディングページから購入ページへ誘導する為には、商品の魅力を伝えると共に、キャンペーンなども行っておきますと誘導しやすくなるでしょう。

 

やはりなんだかんだ、リスティング広告はCPAが合わないだのなんだのありますが、

ランディングページさせ、しっかりしていればCPAも合うんですよね。

 

今日は以上となります。

?化粧品に特化したランディングページ制作はいつでもご相談ください( `ー´)ノ

?通販に特化したHP制作はこちらにご相談ください( `ー´)ノ

 

※こちらの記事を読んでいただけると更にランディングページ制作について詳しくなれると思います。

?ネット通販は食品や化粧品などリピートする商材が売りやすい

?国内化粧品ビジネスと通販チャネルについて

?【完全保存版】めちゃくちゃ売れるDM制作のポイント

 

PS.いやー最近ネタが少しずつ尽きてきました。。。汗

FROM 大阪梅田駅のスターバックスにて

続きを読む

通販型健康食品販売のビジネスモデルとは?

こんにちは、佐藤です。

 

2015年もあと少し、

本日は2016年度の通販型健康食品販売のビジネスモデル集客法を考えていきましょう。

 

インターネットが登場したことを受け、ビジネスモデル自体が刻々と変化しています。

 

通販においては口コミの有無が肝になるため、評判のよさが直接売り上げにも関与していくのです。

 

健康食品におけるスタンダードな商品は、お試しパックのようなラインナップも充足させており、

初めて購入するという層にも無理なく始められるような準備が執り行われています。

 

魅力的なサービスをこれまで以上に充実させれば、

新たな時代の幕開けとなったとしても柔軟な対応をすることができるようになります。

 

通販を専門に扱うタイプは、店舗を構えずにパソコン本体とデスクのみという委託販売もあり得るため、

結果的には店舗の評判を冷静に判断していく行動が不可欠になるのです。

 

全体的な概要を冷静に判断していけば、健康食品にまつわる内容を慎重に確認する段階になります。

 

ビジネスモデルは商品ごとの特徴をわかりやすく伝えられるかでその後の状況が変わっていくため、

スタッフとよく相談して事に当たるのが重要です。

 

また返品や交換に応じる際にも親切な応対を心がけていくようにすれば、次回以降の購入のときも好感を持ってもらえる可能性が高まります。

 

既存の情報に加えて、ビジネスモデルの新たな世界観を充足させれば、健康食品においては想像以上の利益を上げていく方向性にもつなげていくことにつながるわけです。

 

ゆえにインターネットがもたらす新たな世界は、市場の動向に大きな影響を与えます。

 

PS

徐々に紙系の広告からネットにシフトはしていますが、

やはり、トータルでやっていくことが一番の成功の秘訣だと当社では考えております。

 

from 博多駅のスターバックスより。
ホームページ制作の株式会社ZERO

続きを読む

美白化粧品の折込チラシ、成功のコツは「時期」だった!

こんにちは、佐藤です。

12月に入りましたね。
今年も後1カ月です。

2015年も残り少ないですが
やれることを1つ1つこなし、
気持ちよく新年を迎えたいですね。

はい、今日は化粧品のチラシ制作について
お伝えします。。

化粧品は女性の必需品であるという認識も見られることから、
最近は人気を押し上げるような理由が見られるメッセージの有無が大きく左右していきます。

時期的なものをしっかりと捉え、折込チラシという方法を時には採用して、
自社のブランドイメージのよさを献身的にアピールしていくことが重要です。

ひと昔とは異なり女子大生が化粧品を開発するアシストをするような時代にもなったため、
各々の生活スタイルに合ったような提案も大切な側面を見せています。

さらに年齢を重ねる上で美への捉え方にも違いが出ていくことにつながることから、
これからは信憑性のある情報が重大なカギとなっていきます。

従来の方法のひとつでもあり折込チラシを上手に時期を見計らって配信していくことで、
自社が手掛ける商品の売り上げアップを図るような取り組みにも結び付ける可能性が生まれていくようになるわけです。

その一方で市場は日々刻々と変化しているという認識を担当者は持ち合わせていくことが大事であり、
美しい肌をキープしていくようにする努力を行っていく点も必要なのです。

ビジネスを成功させるコツはいくつか要因が含まれていますが、
信頼関係を適切にお客と築けるかという基本的な部分も頭の中に入れておくことが重要です。

はい、今日はここまで〜!
なにかわからないことがあればいつでもお問い合わせください。

追伸
女性が喜ぶカラー印刷やかわいいキャラクターを採用した折込チラシにすることができれば、
化粧品ビジネスを無事に成功で終えるチャンスを掴む方向が見えていくのです。

from 福岡駅のスターバックスより。
ホームページ制作の株式会社ZERO

続きを読む

売れる化粧品・医薬部外品・健康食品のマーケティング

22804
こんばんわー!今日は福岡に出張中なので、福岡のスターバックスからお届けします。

今回のお題は、売れる化粧品・健康食品関連のマーケティングについてお話ししましょう。

一度見れば印象に残すことができる商品に共通して言えることは、キャッチフレーズに優れている部分があります。医薬部外品や化粧品は口コミが大きく左右していく内容が多いので、慎重にひとつひとつ解決していくことが大切なのです。

また信ぴょう性が大きなポイントになっていく健康食品においては、利用する価値がベースになっていくため、将来的な方針を真剣に見ていくことが重要な側面となります。消費者に評価されるような心理状況を今一度確認して、企業のマーケティング戦略を着実に実行することが大切です。

その一方で医薬部外品や化粧品は日本製のものかどうかを精査することが重要となり、細かい表記をしっかりと販売側は提供していくことが求められます。通販におけるビジネスはたくさんのショップが参戦しているため、各々が他社との差別化をきちんと図る必要もあります。

豊富な販売形態を用意することで、より多くの人へ的確なメッセージが伝わるものとなるのです。売れるための条件が現在はどういったところに基準が置かれるかを見ながら、冷静な対応をしていく方向が重要となってきます。

中高年世代が関心を高めている健康食品においては、効き目の時期や分量をこれまで以上にわかりやすく説明していくことが課されており、企業側のマーケティング戦略の上位にも来ているのです。ちなみに、モノの売り上げが好調になっている企業の多くは、凄腕のバイヤーが最低一人は在籍しています。

やはり、売れるには商品があってこそのマーケティングになるかと思います。そこのマーケティングという部分に私は非常に多く携わってきました。例えばテレビショッピングだったり、ダイレクトマーケティングだったりといろいろありますが、一番思うことは受け皿が命です。

つまり、WEBです。いくら広告を打っても要の受け皿であるホームページがしっかりしていないとそもそもマーケティングをする意味がないのです。特に通販だとECカートはもちろん、SEO対策も重要になってきます。もし、通販のプロが本気で作るホームページ制作に興味がございましたらぜひ、私の話を一度聞いてみてもらえればと思います。

お気軽にお問い合わせくださいw

PS 私は常に新規で立ち上げる化粧品や健康食品会社と商談をしているので、最先端の商品情報もお届けしたり、マッチングもできると思います。

ではでは〜( ^^) _旦~~

続きを読む

ネット通販は食品や化粧品などリピートする商材が売りやすい

いつでも自分の好きな時間にお買い物ができて、しかも自宅まで商品を届けてくれる、そんな便利なネット通販の利用がぐんぐん伸びています。

利用者にはもちろんですが、販売者側から見ても実店舗不要で、かつネットを通じて全国へ販路を拡大できる魅力的な売り方です。ではこれからネット通販を始めてみよう、という方にはどのような商材を扱うことがベストなのでしょうか。もちろんオンリーワンの商材をすでに手にしているなら話は別ですが、そうでなければ何を扱うかが成功への重要なポイントになります。

そこでまず考えたいのは、その商品はリピート客を取り込めるかということです。1度きりではなく何度でも利用してもらえる、それも不定期ではなく定期的に利用してもらえれば、商売としていうことはありません。例えば食べ物ならば、人は誰でも何らかの食品を毎日口にしています。

気に入った食材であれば人は定期的に購入してくれるでしょう。さらに産地直送であったり、無農薬、有機栽培などの特徴があればさらに販売しやすいでしょう。化粧品なども同様に毎日利用する消耗品です。しかも化粧品は気に入ってさえもらえれば、たいていの人は普段使っている化粧品をコロコロと変えたりはしないものです。

繰り返しになりますが、売りやすい商品とはリピートしてもらえる商品です。もちろん多くの方にリピートしてもらうためには、その商品に魅力が必要なことは言うまでもありませんが、その魅力を伝えるためにはサイトでの広報が重要になります。

結局ネット通販の肝は、商品選びとその商品の魅力を十分に伝えるための、サイト作りにあると言えるでしょう。

続きを読む

国内化粧品ビジネスと通販チャネルについて

編集部の山中です。
今日は化粧品の通販ビジネスについてお話しします。

国内化粧品ビジネスの現状は、頭打ちであり限られた需要の奪い合いになっているとも言われます。そのようなビジネスの中で最も重要な事は、商品と流通です。良い商品でないと売れませんが、良い商品であっても販売チャネルがなければ売れないのです。

通販は、参入しやすい販売ルートです。店頭販売の化粧品と比較すると、卸売や小売りを垂直統合した形になるため、ダイレクトに消費者と直接の取引によって商売が成立する点が最も異なり、卸売りや小売りの管理費などを削減することが出来ます。従って市場において異業種からの参入が増えているのも、このルートを使うケースが多くなっています。

特にインターネットを使う場合はローコストで始められますが、電話の場合には、受注にかかる電話オペレーター人件費、流通センターの発送作業員の人件費など、他にも代金回収費用として、代金回収代行業者への費用などが掛かります。市場において認知されるためには販売促進も欠かせません。

店頭販売品であれば、店の前を通る人が見るために来店してくれますが、通販を使う場合はチラシを撒いたり、カタログをダイレクトに届けないと注文がありません。

一つの方法としては、サンプルを無料配布するというやり方で、大量に配布する事によって成功を収めた例もあります。

このような宣伝やプロモーションによって販売ルートを確立する事は、それだけでも費用が掛かり、初めは赤字スタートになる場合も多いようですが、確立してしまえば、あとはリピートが来れば利益となっていきますので、赤字を出してでもチャネルを獲得することには大きな意味があります。

リピートが来るためには、当然良い商品であることが必要です。従って、化粧品ビジネスで最も重要な事は、商品と流通であり、通販はインターネットの普及によって、近年最も発展性のある販売チャネルの一つになったと言えます。

続きを読む