大阪のランディングページってなぜかコテコテのコピーが多いですよね

地域によって商売人の特徴は異なりますが、より顕著なのは大阪ですよね。

他社よりも利益を多く出すためには、世間的に認められている範囲内で奇抜な発想を考えて実行に移すことができる強さを持っていますよね。

大阪の業者が制作したランディングページを確認していても、他の地域とは明らかに毛色が違うコピーを発見することは容易です。

ビジネスの世界ではあまり頻繁に採用されないLPのコピーが多いのには、大阪ならではなの事情が関係しています。話し相手を笑わせることができる人が優れていると信じて疑わない府民性ですから、その内容は自ずと斬新なものになります。

この現象がLPにも反映されやすいので、一目見たら忘れられないコピーが考案されるというわけです。

ランディングページにはビジネスライクな文体が導入されがちであるにもかかわらずスタンダードな手法から一線を画していることは、例によって府民性が大きく関わっています。話の内容を面白おかしくすることに熱心な人が多い上に、明確な着地点を模索しようとします。

曖昧なままで話を終わらせてはならないという暗黙のルールが存在していることが、しばしば原因となっています。ランディングページのように限られた範囲内で話題の着地点を示すには、少ない文言で強い印象を与えられる言葉が必要です。

したがって、LPの要所で見かけることができる言葉には強烈なインパクトのあるものが採用されやすくなっています。

続きを読む