売れる化粧品・医薬部外品・健康食品のマーケティング

22804
こんばんわー!今日は福岡に出張中なので、福岡のスターバックスからお届けします。

今回のお題は、売れる化粧品・健康食品関連のマーケティングについてお話ししましょう。

一度見れば印象に残すことができる商品に共通して言えることは、キャッチフレーズに優れている部分があります。医薬部外品や化粧品は口コミが大きく左右していく内容が多いので、慎重にひとつひとつ解決していくことが大切なのです。

また信ぴょう性が大きなポイントになっていく健康食品においては、利用する価値がベースになっていくため、将来的な方針を真剣に見ていくことが重要な側面となります。消費者に評価されるような心理状況を今一度確認して、企業のマーケティング戦略を着実に実行することが大切です。

その一方で医薬部外品や化粧品は日本製のものかどうかを精査することが重要となり、細かい表記をしっかりと販売側は提供していくことが求められます。通販におけるビジネスはたくさんのショップが参戦しているため、各々が他社との差別化をきちんと図る必要もあります。

豊富な販売形態を用意することで、より多くの人へ的確なメッセージが伝わるものとなるのです。売れるための条件が現在はどういったところに基準が置かれるかを見ながら、冷静な対応をしていく方向が重要となってきます。

中高年世代が関心を高めている健康食品においては、効き目の時期や分量をこれまで以上にわかりやすく説明していくことが課されており、企業側のマーケティング戦略の上位にも来ているのです。ちなみに、モノの売り上げが好調になっている企業の多くは、凄腕のバイヤーが最低一人は在籍しています。

やはり、売れるには商品があってこそのマーケティングになるかと思います。そこのマーケティングという部分に私は非常に多く携わってきました。例えばテレビショッピングだったり、ダイレクトマーケティングだったりといろいろありますが、一番思うことは受け皿が命です。

つまり、WEBです。いくら広告を打っても要の受け皿であるホームページがしっかりしていないとそもそもマーケティングをする意味がないのです。特に通販だとECカートはもちろん、SEO対策も重要になってきます。もし、通販のプロが本気で作るホームページ制作に興味がございましたらぜひ、私の話を一度聞いてみてもらえればと思います。

お気軽にお問い合わせくださいw

PS 私は常に新規で立ち上げる化粧品や健康食品会社と商談をしているので、最先端の商品情報もお届けしたり、マッチングもできると思います。

ではでは〜( ^^) _旦~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です