カラフルなランディングページはコンバージョン率が高いのか?

こんばんみー。

毎日子供の送り迎えとおむつを替えているハルです。

 

今日は僕が一番得意なランディングページについてお話しします。

ズバリテーマは、カラフルなランディングページのCVRについて、

お話ししますね!

 

ランディングページのコンバージョン率を上げるのは至難の業であると言わざるをえないと感じる人もいれば、いとも簡単に目的達成できると実感する人がいることも事実です。

この両者の明確な違いは、カラフルなランディングページを作成しているかどうかです。

 

カラフルなランディングページに共通的なこととして、色彩に富んだデザインであることが多くあります。

世間にはさまざまな種類の色が存在しているのですが、その一つひとつには根強いファンの存在を確認することができます。

 

したがって、カラフルなデザインのLPにアクセスした人によってはページの雰囲気に好意的な印象を持ちます。

そのような人たちのアクセスが重なった結果として、LPのコンバージョン率が急激に上昇するようになるというわけです。
たまたま目で確認する機会を得た商品に特別な思い入れがなくても、長期的に眺めているとだんだん興味が湧いてくることがあります。

LPに限って言えることですが、どれだけ長い時間ページに滞在してもらえるのかを考えることによってコンバージョン率の上昇が期待できます。

 

そのためのきっかけとして、色彩に富んだデザインを適用しておくことは有意義です。

もしもページ内で多用されている色を気に入った人がアクセスした場合には、

好意的な印象を強く持ってもらえるようになるので興味が薄くても自発的に商品を見ることになります。

 

そうしていくうちに購買するか否かを考えるようになり、その人にとって絶好のタイミングなら購入してもらえます。

 

PS

300社以上のLPを作ってきた感想として、

やはり色合いは超重要です!

テーマカラーも超重要なので、ABテストとかもしたほうがいいと思います!

これから制作・運用する人は必ずABテストを行いましょうね!

 

ちなみに次のエントリーも読むとすごく勉強になるので、

お暇な方はどうぞ。

 

僕にコンサルしてほしーって思った人はこちらからお問い合わせくださいねw

 

 

 

では本日も最後までどうもありがとう!

今年もあとわずかなので、仕事をしっかりやり切って

年明けに備えましょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>