タイトルが決め手?確実に読んでもらえるDMの作成方法

“ポストに投函されるDMには、葉書を利用するケースと封筒の中に広告物を入れる2つのケースが有ります。

葉書の場合は、裏面が広告になるので、受け取った人は裏面を見て何が記載されているのかを見てくれます。

しかし、サービス利用や商品購入に至るかどうかは、内容次第となります。

一方、封筒の場合は中身を見る事なく、そのままゴミ箱に捨てられてしまうケースも多い事からも、封筒を使う場合には開封を促すための工夫が大切です。

また、葉書の場合などの場合も、少ない広告紙面の中で受け取った人に興味を抱かせる工夫が大切で有り、タイトルが決め手となって来ます。

タイトルでインパクトを与えることで、葉書はゴミ箱に捨てられる事無く、受け取った人の手元に残され、直ぐにサービス利用や商品購入に至らなくても、後にアクションをするケースを期待出来るようになります。

封書の場合は、開封させるための工夫を第一に考えることがDMで成果を作るコツになります。

開封を促す事により、中に入っている広告に目を通して貰えますが、葉書と同じく広告にもインパクトを与えるタイトルを考えることが大切です。

尚、手作り感を与えるのもHPで成果を作るコツの一つだと言われています。

手書きで宛名や住所を記載する事で手作り感を持たせることが出来るわけですが、一度に数千枚や数万枚を発送するため、手書きでは無理がありますが、手書きに近いフォントを利用する事で手作り感を作り出すことも出来ます。”

“ポストに投函されるDMには、葉書を利用するケースと封筒の中に広告物を入れる2つのケースが有ります。

葉書の場合は、裏面が広告になるので、受け取った人は裏面を見て何が記載されているのかを見てくれます。

しかし、サービス利用や商品購入に至るかどうかは、内容次第となります。

一方、封筒の場合は中身を見る事なく、そのままゴミ箱に捨てられてしまうケースも多い事からも、封筒を使う場合には開封を促すための工夫が大切です。

また、葉書の場合などの場合も、少ない広告紙面の中で受け取った人に興味を抱かせる工夫が大切で有り、タイトルが決め手となって来ます。

タイトルでインパクトを与えることで、葉書はゴミ箱に捨てられる事無く、受け取った人の手元に残され、直ぐにサービス利用や商品購入に至らなくても、後にアクションをするケースを期待出来るようになります。

封書の場合は、開封させるための工夫を第一に考えることがDMで成果を作るコツになります。

開封を促す事により、中に入っている広告に目を通して貰えますが、葉書と同じく広告にもインパクトを与えるタイトルを考えることが大切です。

尚、手作り感を与えるのもDMで成果を作るコツの一つだと言われています。

手書きで宛名や住所を記載する事で手作り感を持たせることが出来るわけですが、一度に数千枚や数万枚を発送するため、手書きでは無理がありますが、手書きに近いフォントを利用する事で手作り感を作り出すことも出来ます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です