【注意】ネット通販利用時の個人情報取扱方法

現代社会では、消費者の多くがオンラインショップを利用する事が多くなっています。

その理由は、自宅に居ながら、様々な商品を見て注文する事ができ、複数の店を短時間で見て回って、商品を購入出来るからです。

消費者にとっては、とても利便性の高い仕組みですが、オンラインショップを運営している企業や個人は、ネット通販を成功させる為には、個人情報の取り扱い方が問題になってきます。

近年、個人情報が漏れるといった事件が多数起こっており、中にはサイバー攻撃によって生じたサーバの脆弱部分を突いて、情報が流出するといったケースも出てきています。

個人情報が流出した事が新聞などで載せられますと、それだけ、オンラインショップを運営している企業にはイメージダウンに繋がってしまいます。

しかし、迅速に対応を行わなければ、より深刻な事態に陥りますので、ネット通販における個人の情報の取り扱いには十分な配慮としっかりと管理出来る仕組みを構築しておかなければいけません。

特に、クレジットカード情報などは悪用される事も考えられますので、クレジット決済システムは重点的に強化を図っていく事が必要です。

また、サービスを展開する時には、ユーザーに利用規約などの同意をしてもらう為のフォームを用意しておくと良いでしょう。

個人の情報をメルマガやダイレクトメールを送るといった事に使う場合にも、その事をユーザーから同意を得なければいけません。

非常に細かな事ですが、通販のホームページを作り、ショップを長期間運営していく為にも、ショップのイメージが悪くならないように迅速な対応を心掛けていくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です