バナー広告のサイズって全部でどれぐらいあるのか?

バナー広告を出せる媒体はたくさんあります。Yahoo、Googleなどの検索サイトの他、ニュースサイトやブログサイト、様々なテーマのポータルサイトなどです。ポータルサイトの場合は扱っているテーマによって広告効果が変わってきます。例えば料理のポータルサイトでゲームの広告を出しても意味がないように、それに合った広告を出すことが大切です。
バナー広告にはFlashタイプ、画像タイプ、テキストタイプなどいくつか種類があります。Flashや画像はイメージとして展開しますので、ページの中でレイアウトにあっている必要があります。スーパーバナー、ブランドパネルなどさまざまな種類があります。サイズは728×90や300×250、468×50など、掲載する箇所によって異なります。広告には厳しいルールがあり、そのサイトのルールを守らないと掲載することができません。このルールをレギュレーションと言います。1ピクセルでもサイズが違っていれば掲載することができませんので、広告を作るときはレギュレーションを確認することがとても大切です。また、容量にも制限があります。あまりに大きいものはページ全体の読み込みの邪魔になってしまうため、媒体側が容量を制限しているのです。これも広告の種類やサイズによって異なっています。最近では動画埋め込みタイプのメガバナーも増えています。メガバナーを作る場合は低速回線用に代替バナーを用意することも忘れないようにしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です