バナー広告最適化はABテストにあり!

ABテストとは、AパターンとBパターンの2種類を用意し、入稿前に比較してどちらが効果的であるかチェックするテストのことを言います。バナー広告は動画になっているものも多く、静止画だけでは判断しづらいことがあります。そんなときにABテストを実施することで、好印象を与えられるデザインを選択することができ、バナー広告の効果を最適化することができます。特にFlashで作られるような細かなアニメーションができるものときに有効な手段です。しかし2パターン用意することでどちらかの案はボツになってしまいます。その分制作費用がかかってしまいますので、あまり予算がないときは1パターンに注力したほうが良いこともあります。バナーの効果を最適化するのにはデザインも大切ですが、入稿する媒体や大きさを検討することも大切です。同じページ内でもクリックされやすい場所というものがあり、設置した場所によっても広告効果は異なるためです。一般的に画面上部のページを開いたときに表示されるエリアが最もクリック率が高く、次いで左右にある300×250などのブランドパネルと呼ばれるタイプのバナーがクリック率が高くなります。画面をスクロールしないと表示されないようなバナーや、ページの下部にあるバナーはユーザーの目につく確率が大きく下がってしまいます。その分掲載費用は安くなりますが、短期間でたくさん人を集めたい場合は目立つところに入稿したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です