妊婦さんに売れる化粧品・医薬部外品・健康食品の共通点

妊婦さんは胎児への影響というところから食事にも気をつかいますし、体を壊してしまった場合でも市販の医薬品でも禁忌もあります。ですので化粧品やサプリメントを含む医薬部外品、栄養補助の健康食品などでも安心して使える商品というのは限られてくるものです。その限られた商品に共通するのは「無添加、無農薬」という事です。市販薬に含まれる成分でも禁忌になる場合があるのに、それよりも規制の緩い分野で使用される化粧品などに含まれる添加物が胎児に影響を与えないとは言いきれませんし、残留農薬の心配が残る材料で作られたサプリメントなどの医薬部外品や健康食品についても同じ事が言えます。成人には影響の無い範囲の添加物などでもそれは体重比の事ですので胎児への影響は否定出来ない事なのです。農薬の問題も市場に流通している野菜は残留農薬の基準を満たしているとは言え皆無ではありません。普通に売られている野菜でもそうなのですから、ランディングページなどに溢れている健康食品などに使用されている原材料なども決して安心とは言い切れませんし、その栄養価の凝縮されたサプリメントであれば尚更で、健康の為に接種しているつもりが妊婦さんの場合逆効果になっている可能性もあります。ですが、そういったところにまで気を使った医薬部外品等の商品も数多く販売されています。妊婦さんが母子共に健康であることを考えた時に購入するものが「無添加・無農薬」というものになるのは必然の事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です