【完全保存版】めちゃくちゃ売れるDM制作のポイント

うぃっす!編集部のNAOYANです( ゚Д゚)

私自身がもともと紙上がりだったこともあり、本日はダイレクトレスポンスマーケティングのお話です。

売れるDM制作のポイントは、まず、誰に何をどのようにするのかが明確化されていなければいけません。

どれも不透明ですと、何を言いたいのか伝わらず、集客も購買意欲も湧きません。

まずは制作の前に、誰をターゲットにどのようなサービスを提供するのかをはっきりとさせましょう。

レターもハガキサイズかA4ほどの大きさの紙面など、多様にありますが、提供したいサービスや情報がはっきりとすれば、サイズも明確化され、より効率的に提供も可能です。

そして、リストの効率的な活用も大切な要素です。

チラシのように、より多くの人に配ることはDMでは効果的とは言えません。

それどころか、配布する世帯にぴったりと合う内容ではないと逆効果になってしまうのです。

ですので、配布したい世帯にピンポイントに送るために、精度の高いリストが必要となります。

リストは、ほとんどが外部のリスト業者から入手すると思われますが、業者によってリストの精度や質は大きく違いがある場合があります。

確実なのは、複数のリスト業者を利用し、リストを比べることです。

そうすることによって、より精度の高いリストができ、より効果的なHP制作をすることが可能になります。

また、作成したリストを基にテストをすることも大切です。

テストとは、リストの一部にのみ配布し、そのレスポンス率を調べることです。

次に、リストのデータベース化、メンテナンスも必要不可欠です。

リストは生き物と言っても良いでしょう。

イベントやキャンペーンなどを利用してリストをさらに拡大、開拓も忘れずに行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です