LPO対策サービス

Landng Page Optimization

(ABテストを徹底追求したLPO対策)


LPO対策で効果を出すために

そもそもLPO(Landing page optimizaton)とは、WEBページを訪問ユーザー向けに最適化することを指します。多くの方が勘違いをしておりますが、リスティング広告のリンク先のWEBページが全てランディングページではありません。

ランディングページとは、ユーザーが一番最初に訪問したページのことをランディングページと呼びます。

そのランディングページ内で、マウスの動きを録画するクリックテールなどのツールを使って、ユーザーがどこで離脱するのか、ABテストを繰り返してランディングページをユーザーに最適化し、お問い合わせや購入のアクションする確率を高める施策をLPO対策と呼びます。

LPO対策の一つの指標として、ランディングページ内の訪問者に対しての、コンバージョン率(お問い合わせする確率、購入する確率)が重要になります。また、その他のページに誘導する場合は、コンバージョン率ではなく、直帰率が対象の指標になります。

LPO対策の基本として、1ページに対してのユーザーの動き、コンバージョン率のデーターを収集し、そのデーターをもとに、その1ページ内での施策をすることです。そうしないと、正確な施策ができないためです。


①ABテストでPDCAサイクルを!

実際に訪問したユーザーのマウスの動きを録画し、なぜ離脱したのかを追求し、常にABテストを繰り返し、コンバージョン率の最大化に繋げていきます。

②買いたくなる完璧なストーリを脚本・演出する企画構成!

200社を超えるランディングページの実績から、買わないで離脱することが考えられない完璧なストーリーを脚本・演出します!

③エントリーフォームの最適化を徹底追及!

確認ページでのアップセルを基本とし、エントリーフォームの最適化を徹底します。弊社ではタマゴリピートカートとの連携を得意としており、過去のEFO対策から王道の改善をさせていただきます!


 LPO対策の御見積もり依頼はこちら